自国の利益を損なわずに反撃する手立てが枯渇しつつある中国5月15日、米国と中国の通商問題を巡る「制裁合戦」は、不均衡是正を目指すトランプ米政権の攻勢を受けた中国が守勢に立たされ、自国の利益を損なわずに反撃する手立てが枯渇しつつある。中国・北京で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 15日 ロイター] - 米国と中国の通商問題を巡る「制裁合戦」は、不均衡是正を目指すトランプ米政権の攻勢を受けた中国が守勢に立たされ、自国の利益を損なわずに反撃する手立てが枯渇しつつある。

 中国は13日に追加関税率引き上げの対象となる米国からの輸入品600億ドル分のリストを公表したが、対象項目は米国が10日に発表した中国からの2000億ドル分の輸入品に比べて大幅に少なかった。

 米国は華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)を狙い撃ちしたり、海軍艦艇に台湾海峡を通過させるなど、関税以外の面でも中国への攻撃を強めている。

 関係筋によると、こうした米国の圧力の高まりを背景に、中国の指導部は米国と合意にこぎ着け、経済の長期的発展を阻害しかねない貿易戦争の泥沼を回避しようとしている。しかし米国に譲歩しすぎていると受け止められ、愛国派から反発を食らう危険も十分念頭にある。