鄭州のショッピングモール大衛城5月17日、スマートな黒のパンツスーツに身を包み、白いアウディを乗り回すZhao Naさんは、河南省の田舎出身だ。鄭州のショッピングモール大衛城で1月撮影(2019年 ロイター/Yawen Chen)

[鄭州(中国河南省) 17日 ロイター] - スマートな黒のパンツスーツに身を包み、白いアウディを乗り回すZhao Naさんは、河南省の田舎出身だ。

 29歳のZhaoさんは、不動産エージェントだ。買い物が大好きで、ルイヴィトンやプラダのハンドバッグに目がないという。彼女のような派手におカネを使う消費者を目当てに、世界のトップのブランドが5兆ドル(約550兆円)超の中国小売市場に先を争って参入した。

「お金がある時は、喜んで使ってしまう」と、Zhaoさんは言う。2017年のパリ旅行では、ハンドバッグだけで9000ドル分も購入した。「お金を使うと、ハッピーな気分になれる」

 だが中国経済の減速で、Zhaoさんの事業も頭打ちになり、収入が急減。Zhaoさんも、「ハッピーの源」を控えざるを得なくなった。

 欧州へのショッピング旅行をキャンセルし、鄭州の中心部にあるお気に入りのショッピングモール「大衛城」での散財も控えるようになった。このモールでは、巨大なデジタルスクリーンで、グッチやランコム、エルメネジルド・ゼニアなどの欧州高級ブランドの広告が流されている。