安全装備&メカニズム

 うっかりミスを防ぎ、安心ドライブをサポートするシステムが充実。全車に衝突被害軽減ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、オートマチックハイビーム(ハイビームアシスト)、車線逸脱警報機能を装備。エアバッグは前席左右に加え、サイド&カーテンエアバッグを標準装備した。移動物検知機能付きマルチアラウンドビューモニターや、カメラ映像を映し出すデジタルルームミラー(eKシリーズのみ)が選べる。

 アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能をセットにした“高速道路同一車線運転支援システム”は、eKシリーズが上級グレードにオプション、デイズはオプションとともにプロパイロットエディション・グレードを設定した。デイズは事故などの緊急時に自動的にオペレーターに通報するSOSコールも設定している。

 エンジンは高効率設計の新開発ユニット。全車が直3DOHC12Vレイアウトを採用し、スペックは自然吸気が52ps/6400rpm、6.1kg・m/3600rpm、ターボは64ps/5600rpm、10・2kg・m/2400~4000rpm。eKクロスとデイズ・ハイウェイスターは、2.7ps/4.1kg・mのモーターとリチウムイオンバッテリーを備えたマイルドハイブリッド仕様になる。

 走りは、実用域のトルクを重視したエンジンチューンで発進と中速域の加速性能をリファイン。ステップ式ATのような節度感のあるシフト制御を追求した新型CVTと相まって、ドライバビリティは大幅に向上した、とメーカーは説明する。WLTCモード燃費は、自然吸気が18・2~21・2km/リットル、ターボは16.8~ 19.2km/リットル。