スナックミー代表取締役の服部慎太郎氏。オフィスにはボックスに詰める前のお菓子が並ぶ Photo by Yuhei Iwamotoスナックミー代表取締役の服部慎太郎氏。倉庫を兼ねたオフィスにはユーザーに送付する前のお菓子が並ぶ Photo by Yuhei Iwamoto

自然素材から作られたお菓子を毎月届けるサブスクリプションサービス「snaq.me(スナックミー)」がユーザー数を伸ばしている。その原動力になっているのは、これまで100万件以上集めた「お菓子の評価データ」だ。サービスを運営するスナックミー代表の服部慎太郎氏に話を聞いた。(編集・ライター 野口直希、ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平)

ユーザーの好みに合わせて毎月8種類のお菓子を配送

 客が自分で商品を「選べない」、異色のお菓子サービスが人気を集めている。

snaq.me(スナックミー)」は、定期的にお菓子が届くサブスクリプションサービスだ。お菓子のラインアップは、ドライフルーツやクッキーなど約130種類。その中から8種類が送付される。人工添加物を用いず、自然素材で作られたシンプルな味付けが特徴だ。価格は月1回のプランで月額1980円。月2回のプランなら1回あたりの価格は1930円になる。

 こう書くと単なるオーガニック食品のECのように思えるかもしれないが、一味違う。どんなお菓子が届くのかは、毎月届くボックスを開けてみるまでわからないのだ。ユーザーは購入時に「お菓子の好み」や「食べるタイミング」といった質問に答える必要があるのだが、その回答をもとに、毎回異なるお菓子を届けてくれる。お菓子の種類は約130種あり、そこから厳選した8種類のお菓子をボックスに詰めて送付する。気に入ったお菓子があればリクエストもできるが、それが次回届くのか、その次に届くのか、ボックスを開けるまで分からない。

 売上は非公開だが、2015年の創業から安定的に成長を続けているという。特にこの半年間は、ユーザー数が毎月10%ずつ増加している。ユーザーの多くは都内で働く20代半ばから30代前半の女性で、「頑張った自分へのご褒美」といったOLや「子どもと一緒に食べる安全なお菓子」といった母親のニーズをとらえて人気を博しているそうだ。

 筆者もいくつかの商品を食べてみた。人口添加物が入っていないためシンプルな味ではあるが、決して甘みが弱いわけではない。むしろ素材の味が強く感じられる上に少し硬めの食感のものが多く、お菓子を”食べている”という感触を強く味わうことができる。疲れている時やそこまで強い味が欲しくない時など、幅広いタイミングで楽しめる。

 運営元のスナックミーは5月28日、W ventures、Spiral Ventures Japan、SMBCベンチャーキャピタル、LINE Ventures、朝日メディアラボベンチャーズを引受先とした総額約2億円の第三者割当増資も発表しており、事業を拡大しているところだ。