中国 2019年6月5日

旅行作家・下川裕治氏が
バングラデシュの小学校支援を28年間続けている理由(前半)【番外編】旅行作家・下川裕治氏特別インタビュー

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

2006年に中国に移住し、蘇州、北京、広州、その後上海に約8年在住。情報誌の編集長を経て現在はフリーランスとして活躍する大橋史彦さん。今回は番外編として、以前から交流のあった旅行作家の下川裕治さんへのインタビューから、バングラデシュでの活動をレポートします。

 泥沼化の様相を呈している米中貿易戦争により、中国で米国向け製品を製造している企業のなかには、生産を他国へ移管する動きが出ているが、「チャイナ・プラス・ワン」はいまにはじまったことではない。
 
 特に付加価値の低い軽工業は、繊維業を中心に多くが生産拠点を移してきた。移転先としては、人件費の安いベトナムやミャンマーといった東南アジアが中心だったが、バングラデシュを選択した企業も少なくない。

国民の88.4%がイスラム教徒

 世界でも貧しい国のひとつに数えられるバングラデシュは、外資の流入で高い経済成長を続けている。しかし、その経済発展に取り残された地域がある。コックスバザールもそのひとつだ。

 バングラデシュは、イスラム教を信奉するベンガル人が多数を占め、外務省のホームページによれば国民の88.4%がイスラム教徒だが、コックスバザールは、仏教徒であるラカイン族が暮らす町だ。旅行作家の下川裕治さんは、この地で28年にわたり、ラカイン族のための小学校運営の支援を続けている。

 下川さんの著書は、私のような40代以上のバックパッカー経験者であれば、ほとんどが一度は手にしたことがあるだろう。私も学生時代、夢中になって読んだ時期がある。当時、まだ行ったことのないアジアの国々の旅行記を読んでワクワクしたものだ。中国については苦言がほとんどだったが。還暦を過ぎたいまでも、東南アジアの鉄道を乗り潰したり玄奘三蔵が歩いたルートをたどったりと、過酷な旅を続けておられる。

 そんな憧れだった下川さんとは、上海でフリーペーパーの編集の仕事に携わっていた時、一緒に仕事をしていたライターの紹介でお会いするようになった。たいていは酒の席だったが、下川さんの著書『アジアでハローワーク』(ぱる出版)や編集をされているガイドブック『歩く上海』(キョーハンブックス)に執筆参加させていただいたこともある。
 
 そんな縁もあり、今回、下川さんにコックスバザールや学校支援について話を聞いた。

雨季のコックスバザール【下川さん提供】

作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。