メイ首相の後継者選び6月4日、英与党保守党は、7日に党首を辞任すると表明したメイ首相(写真)の後継者選びに入る。2日、英ハイ・ウィカムで撮影(2019年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 4日 ロイター] - 英与党保守党は、7日に党首を辞任すると表明したメイ首相の後継者選びに入る。これまでに11人が次期党首に名乗りを挙げており、党首選の勝者が首相になる。

 予想される党首選の手順は以下の通り。

 ●候補者の指名

 党首選に立候補するには8人以上の保守党議員の推薦が必要。過去の党首選ではこの人数がもっと少なかったが、泡沫候補をふるいにかけるため、党内部の委員会がルール変更を行った。

 7日に候補者募集が始まり、10日から同日まで推薦を受け付ける。

 ●議員投票(13日開始)

 候補者数を絞り込むため、保守党議員による数段階の投票が実施される。望ましい候補者に無記名で投票する方式。

 13日実施の第1回投票で得票数が16票以下の候補者は排除される。全候補者の得票数が16票を超えた場合には、最も得票数の少ない候補者が落とされる。

 第2回投票では得票数32票以下の候補が落とされ、全員が32票を超えれば最も得票数の少ない候補者が排除される。

 3回目以降の投票は18、19、20日に予定され、その後も候補者が2人に絞られるまで続く。

 ●党員投票(7月22日の週に終了)

 勝ち残った候補者2人は保守党党員による投票にかけられ、勝者が党首になる。過去の投票は郵便を使って行われてきた。

 保守党は7月22日に始まる週内に投票を完了したいとしている。

 保守党の党員数は約16万人。同党は6月22日に候補者の演説会を開き、党員以外の参加や質疑も受け付けるとしている。

 ●党首選の間、誰が首相を務めるか

 メイ首相は辞任表明の演説で、党首選が終わるまで首相に留まると述べた。

Copyright©2019 Thomson Reuters 無断転載を禁じます