[ロンドン 13日 ロイター] - 中国の劉暁明・駐英大使はBBCラジオに対し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が英国の第5世代(5G)通信網構築から排除されれば、中国と英国の通商・投資関係に悪影響が出るとの認識を示した。

同大使は「(ファーウェイが排除されれば)ファーウェイだけでなく、中国企業にも非常に悪いメッセージを送ることになる」とし「貿易だけでなく、投資にも悪影響が出る」と述べた。

メイ首相が議長を務める英国の国家安全保障会議は4月、ファーウェイの問題について議論。5G網中核部分の構築には参入させない一方、非中核部分については制限を付けて参入を認めることを決定した。

関係筋によると、メイ首相が辞任を表明したことから、閣僚による最終決定が遅れている。