株式レポート
6月22日 18時0分
バックナンバー 著者・コラム紹介
マネックス証券

日本株式市場展望(2012年6月22日) - 広木隆「ストラテジーレポート」

日本株の地合い改善

昨日の米国株式市場は大幅安となった。ダウ平均は前日比250ドル安、下げ幅は今年2番目の大きさだった。中国の6月の購買担当者景気指数(PMI)が前月比で低下したことに続いて、ユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)も44.8と前月からさらに低下。米国では6月のフィラデルフィア連銀景気指数が0程度を見込んでいた市場予想に反してマイナス16.6と大幅に悪化するなど世界の景況感を示す経済指標が悪化し、世界経済の減速懸念が相場の重石となった。景況感の悪化に加えて、このところ持ち直しの兆しが見えていた住宅指標も悪化した。全米不動産協会(NAR)が発表した5月の中古住宅販売件数は、年率換算で455万戸となり、前月比マイナス1.5%と市場予測も下回る2カ月ぶりの減少となった。

こうしたファンダメンタルズの悪化が嫌気されていたところにさらに悪材料が重った。ゴールドマン・サックスが米株式を売り推奨したことに加え、格付け会社ムーディーズが主要金融機関の格下げを検討していると伝わったことも市場心理を冷やした。ダウ平均は取引開始からほぼ一本調子に右肩下がりで下げ幅を広げ、この日の安値圏で引けた。

ここまではいい。(株の大幅安は良くないけど、いい。)いいというのは、分かりやすいからだ。経済指標が悪化、金融機関の格下げリスク、大手証券からの株の売り推奨…。それらを受けて株が下がる。当たり前のことだ。分からないのは為替のマーケットだ。ニューヨーク外国為替市場ではドルが買われ、対円では一時80円34銭と、5月中旬以来ほぼ1カ月ぶりの円安水準を付けた。世界経済の減速→リスクオフ→米国債が買われ米国金利低下→円高ドル安というのがこれまでの流れだったではないか。こうした局面では「リスク回避の円高」というのが定番だったが、今回は「リスク回避のドル買い」と一部で説明されている。QE3期待の剥落でドルが買い戻された、との解説にも首をひねる。そもそもそれほどQE3に対する期待は大きかったのだろうか。もしQE3観測で事前に円高ドル安が進んでいれば、その巻き戻しも肯けるが、そうではなく、しかも再び景気減速感が強まったのならこの局面でこそQE3期待再浮上→ドル安というのが自然だろう。

米国がQE3を見送った一方、次回7月の日銀金融政策決定会合では追加緩和が期待されている。次に来る金融緩和の順番は日本のほうが早いから円安ドル高、という説もあるが、何もそれは昨日のニューヨーク市場でそう決まったわけではない。為替が振れた理由など探してみても仕方がない。ここは「弾みがついていたから」ということにしておこう。前回のレポートで、日経平均は「25日線を抜くとともに、5日移動平均と25日移動平均はゴールデン・クロスを達成。一目均衡表でも転換線が基準線を下から上に抜けてきた。この「一目均衡表の転換線と基準線のゴールデン・クロス」は、日経平均だけでなく、NYダウ平均も、ドル円、ユーロ円、みな同じ状況である。目先、底入れ〜反発局面入りと見てよいだろう。」と述べた。ドル円のチャートを見てみよう。

月初の雇用統計下ぶれで200日移動平均を突き抜けたもののその後は200日線をサポートとして切り返してきた。上で述べた通り、25日線を抜くとともに、5日移動平均と25日移動平均はゴールデン・クロスを達成だ。この勢いがついていたところ、6月中のドル円の高値はすべて80円手前。それを抜けたところで一段と弾みがついて一気に80円の大台回復となった。



世界の景況感悪化でダウ平均が250ドル安。こうなっては日本株もたまったものではない。日経平均は売りが先行、90円安と大きく下げて始まった。しかし、売り一巡後は下げ渋る。10時半過ぎに大きく下げ幅を縮めると取引時間中の高値圏で前場の取引を終えた。韓国が2%を超す急落となるなど、台湾、香港、上海などアジア株市場が軒並み総崩れとなるのを横目に見ながら、午後に入っても底堅い推移が続いている。

薬品、通信、建設などの内需の一角がしっかり。ソフトバンクが連日の年初来高値更新となり、提携話でソニー、オリンパス、パナソニックも高い。相場に逆行して3日続落していたファナックと三菱重工や、過去2日で8%近く下げたシャープなどが押し目買いで反発している。海外要因に不透明感があるなら、それとは関係ないところで何か物色しようという意欲が出てきた。

外国人の売りが峠を越えたのも大きい。昨日、東京証券取引所が発表した6月第2週(11〜15日)の投資部門別株式売買動向(東京・大阪・名古屋3市場、1、2部と新興企業向け市場合計)によると、海外投資家(外国人)は2週ぶりに買い越した。買越額は450億円と4月第2週(1428億円)ぶりの水準だった。朝方の市場筋推計におる外資系9社の寄り付き前注文動向は、売り1020万株、買い1170万株で差し引き150万株の買い越しだった。

日本株を支えているのは円安だろう。前回のレポートでは、「他力本願かもしれないが、ここは、やはり米国株頼みにならざるを得ないだろう」と述べたが、それに為替を加えたい。上で底堅いと書いたが、底堅いどころかレポート執筆中にどんどん下げ幅を縮小し、日経平均はプラスに転じる勢いだ(13時過ぎ)。ダウ平均が250ドル下げて帰ってきて、この強さ。いかに為替が日本株にとって大きな材料か改めて認識させられる。



ドル円相場はいち早く一目均衡表の雲の中に入ってきた。今後の動きに注目したい。



米国株も戻り局面の小休止と見る。S&P500を例に挙げたが、5月初めから6月初めまでの下げ幅に対する半値戻しの水準を挟んでフィボナッチの61.8%と38.2%の間をやっている相場だ。昨日のS&P500の下げはそのレンジ内の陰線にとどまる。

昨日のフィラデルフィア連銀景気指数は大幅に悪化したが、もともと信頼性がそれほど高くない指標だ。これをもって悲観するのはまだ早い。こちらのレポートを参照して欲しい。期待がつなげる分析である。



ここまで書いたところで、ついに日経平均は先ほど前日比プラス圏に一時浮上した。世界景気の減速が懸念され、ダウ平均が250ドル下げ、アジア株市場が軒並み安となるなか、日経平均は朝方の下げを取り戻してプラスに転換。これだから、相場は難しい。理外の理か、売られ過ぎた修正局面に入っているのか。日本株を支える、この円安の意味は何か。だから、相場は面白い。

(22日13時30分現在 記)


(チーフ・ストラテジスト 広木 隆)

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)

 ◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!

※株主優待を新設・変更した銘柄の最新情報は
 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]でチェック!

マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
Special topics pr

ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 投資初心者必見!桐谷さんおすすめの証券会社はココダ! http://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング