ヤプリの経営メンバーら。前列右側で着席しているのが代表取締役CEOの庵原保文氏、前列左側で着席しているのがEight Roads Ventures Japanプリンシパルの村田純一氏(提供:ヤプリ)ヤプリの経営メンバーら。前列右側で着席しているのが代表取締役CEOの庵原保文氏、前列左側で着席しているのがEight Roads Ventures Japanプリンシパルの村田純一氏(提供:ヤプリ)

プログラミングなし、ブラウザ上の操作だけでスマートフォンアプリを開発できる「Yappli(ヤプリ)」。その提供元であるヤプリが総額30億円の資金調達を発表した。会社員3名が余暇を利用して作ったサービスが、今では導入企業300社、アプリ総ダウンロード数3500万件にまで成長した。創業から6年の軌跡と、今後の展開についてヤプリ代表取締役の庵原保文氏に聞いた。(ビジネスメディア編集局 塙 花梨)

 スマートフォン向けアプリの市場はまだまだ拡大している。米アプリ調査会社App Annieの発表によれば、2018年のアプリ総ダウンロード数は全世界で1940億件と、2年前に比べて35%増加している。アップルのApp StoreやグーグルのGoogle Playストアといったアプリストアの消費支出額は1010億ドルで、75%増加した。

 拡大を続けるアプリ市場に挑戦するスタートアップがヤプリだ。同社は、プログラミングを必要とせず、ウェブブラウザ上のドラッグ&ドロップ操作でアプリを開発できる月額制のクラウドサービス「Yappli(ヤプリ)」を提供している。

 ヤプリは6月17日、総額30億円(追加投資枠含む)の資金調達を実施したことを発表した。内訳は、Eight Roads Ventures Japan、SMBCベンチャーキャピタルのほか、既存株主であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、YJキャピタルを引受先とした約22億円の第三者割当増資と、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫からのデットファイナンスで約8.5億円。

 ヤプリはこれまでに、米セールスフォース・ドットコム、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、ディー・エヌ・エー共同創業者でエンジェル投資家の川田尚吾氏らからも資金調達を実施しており、累計調達総額は約40億円となっている。

自分で作って確信した「アプリ」によるスマホ革命

 App Storeが始まったばかりの2010年、当時ヤフーの社員だった庵原氏は、同僚でのちにヤプリ取締役CTOとなる佐野将史氏と、趣味でスノーボードのハウツーアプリを制作した。アプリは、モーションセンサーを使うことで、画面を横に傾けるだけで動画を再生するというもの。スキー場でリフトに乗りながら視聴する際も、グローブを外さずに動画が楽しめるための仕掛けだった。