学校全体が温かい家族、
秘められた才能を開花させる

京華中学・高等学校京華女子中学・高等学校

120年超の歴史を誇る伝統校。学習塾の中高一貫校アンケート調査などで、「面倒見が良い」「入学後に伸ばしてくれる」「満足度が高い」などの項目で、常に高評価を得ている。教師と生徒、家庭との距離が近く、互いに信頼関係を築いていることが基本にある。

京華中学・ 高等学校
町田英幸校長

「一人一人の秘められた才能を引き出し、磨いてゆくのが京華の教育の根本。生徒と常に関わり続けていくことで才能は開花し、それが教師との絆を生み出し、保護者の学校理解へとつながり、家族のような輪ができます。この信頼関係が、本校の強みです」

 そう語るのは京華中学・高等学校の町田英幸校長だ。校訓は「ネバー・ダイ」。学習だけでなくクラブや委員会活動などでも、決してくじけない、諦めない精神力を持つことを目標とする。突き放して努力を待つ父性的な教育方針だが、男子の成長期にはそれが必要だと考える。

 カリキュラムで力を入れているのは英語教育だ。特に中2から展開する「国際先進コース」では英語4技能に磨きをかけ、“話す・聞く”能力の向上に特化。タブレットPCを効果的に利用、オーストラリアやセブ島への海外研修もあり、中学時代に英検準2級や2級を取得する生徒も多くいる。難関校を目指す高校のS特進コースでは、ハイレベルな学習支援プログラムを用意、毎年コンスタントに国公立大学への合格者を出している。

 クラブ活動も盛んだ。「勉強でもクラブ活動でも“好きなことは積極的に続けさせる”のが本校の特長。自転車競技や太極拳など、従来はないクラブ活動でも入学後に顧問を付けて活動を支援している例があります」と町田校長。学校説明会では不登校の生徒の父親が壇上に立ち、面倒見の良さを率直に話すなど、オープンな校風も保護者の信頼を勝ち得ている。

※「英語4技能」……読む、聞く、話す、書くの四つの技能

女子教育の根幹“共感力”を
育てるEHDの授業

 一方、京華女子が力を入れているのは、“賢い女性”を育てるための「EHD(Education for Human Development)」だ。伝統文化体験やキャリアプログラム、ボランティアや弁論大会などを通じて、共感力を育て、グローバル力を磨き、学力を高めてゆく全人教育プログラムだ。

 そのEHDの一環で、昨年度からスタートしたのが高校の「探究」と呼ぶ授業。シンキングツールを利用し“ふるさと納税の還元率は制限するべきか?”など、解が一つではないテーマについて議論し、意見をまとめて発表する。

「女子は男子よりも解のない問題に挑む力、人前で意見を伝える力を秘めていると思います。議論する中で課題を解決するには、知識や技能が必要だという気付きも生まれ、学習への意欲も高まります」と語る京華女子中学・高等学校の塩谷耕校長。中学でもその準備プログラムを導入。ディスカッションを通じて相手の意見を聞き、自分の意見を述べ、共感力を身に付ける。

 男女別学だが、才能を開花させる教育は共通している。教師と生徒の距離が近く、学校全体が温かい家族のような雰囲気なのは、京華女子でも同様だ。両校とも保護者や兄弟姉妹が卒業生という例も多く、多くの生徒を輩出してきた伝統校の底力が人気を支えている。

クラブ活動も盛んだ。吹奏楽団など、クラブによっては京華中高(男子校)と京華女子中高が統合部として
共に活動する
京華中学・高等学校 http://www.keika.ed.jp/
京華女子中学・高等学校 http://www.keika-g.ed.jp/

学校データ

京華中学・高等学校
男子校
最寄り駅
都営地下鉄三田線「白山」、
東京メトロ南北線「本駒込」、
東京メトロ千代田線「千駄木」
〒112-8612
東京都文京区白山5-6-6
03-3946-4451
http://www.keika.ed.jp/
京華女子中学・高等学校
女子校
最寄り駅
JR山手線「巣鴨」、
都営地下鉄三田線「千石」、
東京メトロ南北線「本駒込」
〒112-8613
東京都文京区白山5-13-5
03-3946-4434
http://www.keika-g.ed.jp/
TOP