今年度からニュージーランドへの
全員の学期留学がスタート

東京成徳大学中学・高等学校(中高一貫部)

今年度から、中3の3学期に、全員の標準プログラムとしてニュージーランドへの学期留学(約3カ月)が実施される。グローバル教育の中核となる学期留学で、生徒たちは実践的な英語力はもちろん、 積極的で自律的な生き方を身に付けて帰国する。

東京成徳大学中学・高等学校
(中高一貫部)
中村雅一中高一貫部副校長

 東京成徳のグローバル教育の中核となるのは、中3の3学期に実施されるニュージーランドへの学期(ターム)留学である。これまで自由参加の形で行われてきたが、今年度から全員参加の標準プログラムとしてスタートする。

 全員参加に踏み切った理由は、教育効果の驚くほどの大きさにあるという。中村雅一・中高一貫部副校長はこう説明する。「実践的な英語力が身に付くことはもちろんですが、異なる文化や考え方に触れ、コミュニケーションの困難さや、ホームシックを乗り越えることで、積極的で自律的な生き方ができるようになります。ここ数年、国立大合格者の多くが学期留学経験者で、生徒会でリーダーシップを取る生徒たちも多い。留学前には消極的だった生徒も、帰国後は見違えるようにたくましくなって帰ってきます」 

 留学期間は、中3の3学期(1月上旬~4月上旬)の約3カ月間。留学先はニュージーランド(オークランド、ウェリントン)の公立校だ。

 現地には同校の教員が交代で常駐し、留学期間の安全を確保する。これまで600人を超える生徒を送り出しているが、途中で帰国した生徒は1人もいないという。

学期留学で子どもたちの
“心の成長”を実感する

 現地では、留学生だからといって特別扱いはしてくれない。転入の手続きをした後は、指示された教室へ1人で向かう。自立しなくては、生きてゆけない環境なのだ。

「出発前、父親との関係が良くなかった生徒が、現地で“きちんと相手の目を見て話すこと”に目覚めて友人をつくり、帰国後に父親との関係が修復されたというケースもありました。海外の他人の家庭で暮らすことで、親への感謝の念も生まれるのです」(中村副校長)

 保護者へのアンケートでも、「驚くほど英語の成績が跳ね上がり、自分で考え対処する姿勢が身に付いた」「ニュージーランドでのさまざまな経験が、眠っていた素養を呼び覚ましてくれた」「親子共に、少し距離を置いて見つめ直すとても良い機会になった」など、英語力の向上とともに、子どもの“心の成長”を実感する声が多く見られる。

 同校では、この学期留学を中心に、日々の英語教育にも力を入れている。英語の授業は週8時間へ大幅増、専任ネイティブ教師との英語漬けの「English Camp」は毎学期実施、始業前の10分間は英語力増強のための「10-minute English」の時間とし、英語4技能(※)の能力を測るためにケンブリッジ英検を導入している。またニュージーランド現地校ではスタンダードなICT教育にも力を入れており、今年度から“Apple Distinguished School”の認定校にもなった。語学力の向上と心の成長、全員参加の学期留学を中核としたグローバル教育は、生徒たちの将来に大きなアドバンテージを与えてくれるはずだ。

※「英語4技能」……読む、聞く、話す、書くの四つの技能
留学先のニュージーランドでは、日本人同士で固まらないように1校に2~3人を振り分け、クラスも別、個別ホームステイという方式を取る
東京成徳大学中学・高等学校(中高一貫部)
https://www.tokyoseitoku.jp/js/
TOP