「知耕実学」の教育理念を背景に、
学びの面白さを伝える授業を展開

東京農業大学第一高等学校・中等部

本物に触れる実学をベースにした学びは、東京農業大学の伝統。その付属校である農大一中・一高でも「知耕実学」を教育理念に、大学と連携しながら数多くの実験や実習を実施する。学びの面白さが伝わる授業は、ハイレベルな進学実績を生み出している。

東京農業大学第一高等学校・中等部
田中越郎校長

 教育理念は「知耕実学」。そこには、実学で自分の「知」を耕し、深めてほしいという願いが込められている。「本校では“理論から実践”“実践から理論”を繰り返す機会を、たくさん用意しています。これからの時代で大切なのは、正解にたどり着けない問題であっても、諦めずに自ら考えて答えを導き出すことのできる学力と、柔軟な思考力。そのために、学びの面白さに到達できる授業を全力で用意しています」。

 そう説明するのは、田中越郎校長だ。

 実学の姿勢とは、実際にさまざまなものに触れ、体験を通して“分からないものは自分で調べる”という能動的な学びのこと。生徒たちは、いろいろな場面で「本物」を知り、学ぶことの面白さを感じながら、理解や知識を深めてゆく。

 例えば中1では、厚木にある3000平方メートルの専用農場で、専門家から指導を受けながら、田植えから除草、稲刈りまで本格的な稲作を体験する。中2では、隣接する東京農業大学の研究室と連携して、でんぷんの形を調べたり、お米を科学的に検証する実験を行う。中3では、大豆と稲から学ぶ総合学習の一環として「味噌づくり」に挑戦する。

 学校行事の中でも、本物に触れる機会は多くあり、中学3年の北海道修学旅行では、夜間に野生動物を観察するツアーや、ジャガイモやトウモロコシなどの農産物の収穫、新巻き鮭を作るなど、農業や漁業の体験学習を行う。これらも実学の一形態である。

伝統的に国公立大への
進学者が多い

「自然の中では、人間の英知を超えたことがたびたび起こります。体験学習を通して、予測不可能なことに対処する力や、仲間と協力して物事を進める力も身に付くのです」

 こう田中校長は実学の深さを強調する。今年度からは、これら「知耕実学」の学びに加えて、放課後に開講される“一中一高ゼミ”が充実する。これは「知を広げる」「知を深める」をテーマに学年横断で行われる合同ゼミで、医師でもある田中校長自身も「医学から見た生物学」「理系論文の書き方」などの講座を担当。ここでも自ら考え、多角的に学ぶ力が育まれる。

 実学をベースにした学びは、結果的に学力の向上につながる。もともと国公立大への進学が多い同校だが、今春は73人が合格。そのうち56人が現役合格で、これは過去最高の実績となった。医学部医学科への合格者数も昨年より増加して10人、そのうち4人が国立大医学部に進学した。理系を中心に、ハイレベルな進学実績を積み重ねている。

 今年度からは、セブ島への語学研修を含む英語教育や、プログラミング教育にも力を入れる予定だ。「生徒と教師の距離が近く、卒業生の母校愛が強いのが本校の特徴」と語る田中校長。研究者を育てるような丁寧な実学教育が、高い進学実績を生み出している。

中学3年で実施される「北海道修学旅行」では、北海道の大自然の中で作物の収穫などの農場体験や、新巻き鮭作りなど、普段できないような貴重な経験が味わえる
東京農業大学第一高等学校・中等部
http://www.nodai-1-h.ed.jp/
TOP