「人生100年時代」と言われていますが、「今までどおりの過ごし方で100歳まで健康に生きられる人はほとんどいないだろう」と書籍『スゴレッチ』の著者、萩原健史氏は言います。
なぜか? それは、そもそもの体に対する考え方、やり方を、私たちは知らないからです。
この連載では、主婦、ビジネスマン、医師、アスリート、施術者など、口コミだけで5万人を集め、あらゆる悩みを解決してきた治療家・萩原氏に「現代人の健康法の間違い」と、「正しいセルフケア」について聞いていきます。
あなたの体、今のままで大丈夫ですか!?

――健康への関心は年々高まってきていますが、萩原先生はこれまで5万人以上の施術をされてきたということで、患者のみなさんの悩みにはどんなものが多いんでしょうか?

年齢や男女差は多少ありますが、まずは体型の悩みです。
「ぽっこりお腹を凹ませたい」「くびれをつくりたい」「O脚を治したい」「バストアップしたい」など、体型の悩みが定番ですね。
また、体調面では肩こり・腰痛を始めとして、「偏頭痛」「夜眠れない」「疲れがとれない」「体がむくむ」といった悩みも多く寄せられています。

――みなさんそれぞれ症状が違いますけど、もちろん原因は違うんですよね?

いえ、それが実はどの症状も根本の原因は「一緒」なんです。
くびれをつくるのも、頭痛や夜眠れないという悩みもすべて同じアプローチで改善していくことができるんです。

――「お腹が出ている」悩みと「頭痛」や「不眠」の原因が一緒ですか!?

実感がわきづらいですよね。でも、メカニズムはシンプルなんです。
そもそもですけど、子どものときに腰痛や肩こりって感じませんよね?

――そういえば、「あ〜腰が痛い」って言う小さい子は見ませんね! 働き始めてくらいから急に感じるようになった気がします。

そうなんです。子どものときは何でもなかったはずなのに、年齢を重ねるうちにだんだんと症状が出てきて、不調を感じるわけです。