橘玲の日々刻々 2019年6月28日

平成の「失われた30年」で日本の市場は魅力を失い
リスクを取る起業家も減ってしまった
【橘玲の日々刻々】

「日本人(サラリーマン)の人生」はたまたま新卒で入った会社の業績という「運・不運」で人生が左右される

 深尾京司氏は『「失われた20年」と日本経済』で、生産性の格差は(製造業とサービス業のような)産業間ではなく、同じ産業内で拡大していると述べている。神林龍氏も『正規の世界・非正規の世界』(慶應義塾大学出版会)で、同じ産業・地域・企業規模の会社で働いていて、「同じ性別・年齢・勤続年数・学歴・職種だったとしても、賃金の高い会社と低い会社の差が拡大してきた」という奇妙な事実を指摘している。

 同一労働・同一賃金の原則が徹底されていれば、同じ産業・地域・企業規模で同じような仕事をすれば給与も同じ水準になるはずだ。ところが日本では、逆に会社間の差が広がっている。その理由は、日本的雇用システムでは労働市場の流動性が極端に低く、より効率的な(給与の高い)同業他社に転職することができないからだろう。

 これでは、たまたま新卒で入った会社の業績という「運・不運」で人生が左右されてしまう。そしてまさに、これが「日本人(サラリーマン)の人生」なのだ。 

 平成の30年を雇用の視点から振り返れば、次のようになるだろう。

 (1) アメリカでは中小企業や社齢の若いベンチャー企業が多くの雇用を創出したが、日本は開業率が極端に低く、雇用に貢献することはできなかった。

 (2) 外資系企業は生産性が高いが、日本は対内直接投資が少なく、外資による雇用の拡大も期待できなかった。

 (3) さらに、規模の大きな製造業は国内の工場を閉鎖し、海外へと出ていってしまった。

 これをまとめると、日本経済の低迷の原因は「日本市場に魅力がないから」ということになる。

 会社を「正社員の運命共同体」にして、非正規や子会社の社員、外国人社員(本社採用/現地採用)を「身分差別」する前近代的な日本経済の仕組みでは、正社員だけを過剰に保護することで労働市場の流動性がなくなり、会社は「いったん入ったら出られない」タコツボと化す。その一方で金融危機や東日本大震災のような外的ショックが襲うとたちまち「就職氷河期」になり、若者が雇用から排除されてしまう。

 このような社会でリスクをとってビジネスしても成功が見込めないため、開業率は低く、外資系企業は参入しようとせず、生産性の高い大企業は海外に出て行ってしまった……。

 これが、平成の30年で日本経済が行き着いた無残な姿なのだろう。さて、令和はどのような時代になるのだろうか。
 

 

橘 玲(たちばな あきら)

橘玲のメルマガ 世の中の仕組みと人生のデザイン 配信中

 作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。著書に『「言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)、『国家破産はこわくない』(講談社+α文庫)、『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』(ダイヤモンド社刊)『橘玲の中国私論』の改訂文庫本『言ってはいけない中国の真実』(新潮文庫)、『もっと言ってはいけない』(新潮新書) など。最新刊は『働き方2.0vs4.0』(PHP研究所)。

橘玲『世の中の仕組みと人生のデザインを毎週木曜日に配信中!(20日間無料体験中) 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲著 書籍『幸福の資本論』実践読書会
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額864円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。