現実世界と連動した地図上にさまざまなスポットや「魔法の痕跡」が表示される
現実世界と連動した地図上にさまざまなスポットや「魔法の痕跡」が表示される(写真はアプリよりキャプチャ)

 マップ上に現れる「魔法の痕跡」をタップするとファウンダブルが出現。画面上に指示されるとおりに指をスライドして杖を振り、呪文を使うことで、これらを回収していく。ポケモンGO同様、AR技術を活用したモードも用意する。

 筆者も実際にプレイしてみた。基本的なゲーム設計はポケモンGOと同じだが、ゲーム全体の雰囲気はハリー・ポッターの世界観にマッチしたレトロな色調になっている。また、ファウンダブルとの遭遇時に呪文を使う際など、多様なアクションを楽しめる。ただし、ポケモンGOよりできることが増えており、あまりゲームをプレイしない人には少々難解だと感じた。

前作「ポケモンGO」は8.5億ダウンロードを達成

 ナイアンティックは、Googleの社内事業からスピンアウトしたスタートアップだ。前身となるKeyholeは2004年にGoogleが買収。Google マップやストリートビューの開発を担ってきた。

 2015年にはポケモン、Google、任天堂から3500 万ドルを調達して独立。位置情報とAR技術を組み合わせることで、「新しい発見」「運動」「現実の世界でのつながり」をコンセプトにゲームを開発している。

 2016年にリリースしたポケモンGOは、世界中で大ヒット。全世界での累計ダウンロード数は8.5億件を超え、アプリ収益は約20億ドル。ユーザーの歩行距離の合計は230億キロメートル以上で、これは地球から冥王星までの距離の5倍以上だという。