橘玲の世界投資見聞録 2019年7月4日

世界的ベストセラー『神の刻印』に書かれた
アークの行方はどこまで正しいのか?
【橘玲の世界投資見聞録】

 

紀元前3世紀に辺境の東アフリカにユダヤ世界が誕生していた

 グラハム・ハンコックのもうひとつの大きな発見(といっても一部の考古学者には知られていた)は、エジプトのナイル川上流にあるアスワンの町に大きなユダヤ人コミュニティがあったことだ。

 アスワンは1970年に完成した巨大なダム(アスワン・ハイ・ダム)で知られるが、かつてはサハラ以南のスパイス、香料、奴隷、金、象牙などと、エジプトの加工製品の交易の拠点としてにぎわっていた。

 エレファンティネ島はエジプトから航行可能なナイル川の最南端で、ここから先は急流のため船を降りて歩くほかなかった。「エレファンティネ」は"象"のことで、この島には古代エジプトの時代から象牙を中心とする取引所がつくられた。

アスワンからナイル川の上流を望む       (Photo:ⒸAlt Invest Com) 

 

 エレファンティネ島にはローマ神殿の遺跡があるが、そこは紀元前7世紀から5世紀までユダヤ神殿だった。このことはエレファンティネ島とエルサレムのあいだのおびただしい文書のやり取りから明らかで、神殿のあった正確な場所や大きさもわかっており、そこで日常的に動物がいけにえに捧げられていたことも、紀元前410年に破壊されたことも史実であることに疑いはない。

 だがこれは、ユダヤ教を知る者にとっては信じがたいことだ。なぜならユダヤの戒律では、「外国の土地は不浄であるがゆえに、そこに主の神殿を建ててはならない」と定められているからだ。――そのためバビロンに捕囚されたユダヤ人も、主に祈りを捧げるだけで、神殿をつくっていけにえを捧げることはなかった。

 ヨシア王(紀元前640~609年)は、エルサレムの神殿以外の場所で供儀を行なうことをかたく禁じた。エレファンティネのユダヤ人がそれ以前に移住したと考えることはできるが、エルサレムと定期的に連絡をとっていたのだから、当然、供儀の禁止を知っていたはずだ。

 それではなぜ、神への冒涜ともいえる供儀がエレファンティネ島のユダヤ神殿では堂々と行なわれていたのか。

 それは島のユダヤ人たちが、自分たちが神(ヤハウェ)と共にあると確信していたからではないのか。なぜなら、アークはソロモン神殿からエレファンティネ島のユダヤ神殿に移されていたからだ――というのがハンコックの推理だ。

 この真偽ももちろん私には判断できないが、興味深いのは、古代世界にはエルサレムのほかに、アラビア半島南東(「シバの女王」で知られるサバ国)、エジプト(エレファンティネ島)、エチオピアに大きなユダヤ教のコミュニティがあったことだ。このうちエチオピアは歴史的にはもっとも新しいが、紀元前3世紀ごろにはユダヤ教が伝わった。

 ユダヤ教はユダヤ人(選民)だけの宗教ではなく、のちのキリスト教と同様に布教されていた。だからこそエチオピア人が次々と改宗し、辺境の東アフリカにユダヤ世界が誕生したのだ。

 ローマ帝国が北アフリカや紅海沿岸を支配下に置こうとしたとき、この一神教は大きな影響力をもっていた。だからこそローマ帝国はユダヤ教を弾圧したのだ。

ラリベラの教会の聖画        (Photo:ⒸAlt Invest Com) 

作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。