7月4日、香港を揺るがし、中国政府を怒らせた激しいデモの先頭に立ったのは若者だった。写真は香港のアパート。6月撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[香港 4日 ロイター] - 香港を揺るがし、中国政府を怒らせた激しいデモの先頭に立ったのは若者だった。容疑者の中国本土引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案への反発を契機としたデモの根底には、ますます介入を強める北京の共産党政府によって市民の自由が脅かされ、香港の自治が損なわれることへの懸念があった。

 中国政府は、かつて英領だった香港の完全な民主化を拒否している。

 だが、世界で最も人口密度と物価が高い街の1つ香港に住む若者の多くは、生活費の高騰や、住宅所有は夢でしかないというあきらめに怒りを募らせている。

 ロイターは、親と同居し、狭い部屋で暮らす若い世代11人に取材し、政治的な懸念や香港での生活の不満について聞いた。

 小学校教師のユーニス・ワイさん(30)は、レインボーカラーのシーツに覆われた自分のベッドに座り、香港の人たちが中国政府のせいでいかに息苦しい思いをしているかを話した。「彼ら(中国政府)は市民への支配を強め、われわれの自由を奪っている」と、広さ7.4平方メートル(4畳ほど)の自室で語った。

 だがワイさんは、生活を難しくしている問題は他にもあると指摘。特に問題なのが住宅政策で、富裕層をより豊かにする不公平なものだとワイさんは言う。