[ブリュッセル 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)は17日、販売業者のデータ使用を巡り、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>に競争法(独占禁止法)に基づく調査を行うと明らかにした。ハイテク各社の顧客情報使用の実態に規制当局が関心を寄せる状況が浮き彫りになった。

執行機関の欧州委員会は、販売業者との標準的な合意内容などに焦点を当てると説明した。

欧州委は昨年9月以降、小売り業者やメーカーを対象に、アマゾンが業者への販売場所提供者と競争相手という二重の役割を担う点を巡り聞き取り調査を行ってきた。販売業者からは、アマゾンに自社商品を模倣され損害を被ったとの苦情が出ているという。

ベステアー委員(競争政策担当)は「電子商取引は小売り競争を促進し、より多くの選択肢や望ましい価格水準をもたらした。大手のオンラインプラットフォームが反競争的な行動でこうした便益をなくしてしまわないようにする必要がある」と述べた。

アマゾンはEU調査に全面的に協力する方針を示した。