――今の時代に物々交換をするメリットは何ですか。

 二次流通業界では、「モノ=お金」になります。例えば、お金がなくて新しい夏服を買えない人がいるとします。でも、去年の夏服は持ってますよね。物々交換ができれば、去年の夏服で今年の夏服が買えるんです。「お金を使わずにモノが買える」というのは、消費者にとっても便利なのではないでしょうか。

――「モノ払い」のサービスは拡大していきますか。

 すでに、エボラブルアジアが運営する旅行予約サイト「エアトリ」や、セレクトショップの「ナノ・ユニバース」が導入しており、今後も広まると思います。古代からある売買の手段“物々交換”を現代版に生まれ変わらせることで、一周回ったブームがつくれたら面白いですね。

マス向けのサービスを生み出す「奇跡」を起こしたい

――奇抜なサービスをどんどん生み出していますが、行動の原動力は何ですか。

 誰もが知っていて誰でも使える、マス向けのサービスをつくってみたい。これが一番のモチベーションです。

 マス向けのサービスを生み出すことは、 “奇跡に近い”と思っています。例えば、「日本のマスのサービスを10個挙げてください」と言われて、すぐに浮かびますか?ヤフオク、メルカリ、食べログ、ぐるなび、クックパッド…多くの人が、これくらいで止まってしまいます。毎日たくさんのサービスが生まれているのに、たった10個も挙げられない。それだけ誰もが知っているサービスを生み出すのは、難しいことなんです。

――難しいけれど、挑戦したいのですか。

 広告業界に「アレオレ詐欺」という言葉があります。大勢の人が携わったプロジェクトについて、「あれは俺がつくった」と自慢する男性を皮肉して例えたものなのですが、僕は胸を張って、「アレ、オレだぞ」と言いたいのかもしれません。インターネットを使えば、誰もが知っているサービスを本当に自分自身の手でつくれるかもしれない。

――「STORES.jp」をZOZOに、「CASH」をDMM.comに、それぞれ売却後MBO (マネジメント・バイアウト:経営陣による買収)しています。自身が生み出したサービスを育てていくことと新しいサービスをつくること、どちらに価値を見いだしますか。

 マス向けのサービスをつくることがゴールですから、そのための近道となる選択をしているだけです。資金力のある企業の力を借りた方がマスに広がると思ったら売却しますし、独立した方がスピード感のある経営判断ができると思ったら独立します。

 今、インスタグラムやユーチューブは皆が使うマス向けサービスですが、「インスタグラムが広まったのは7年前にフェイスブックが買収したからだ」とか「ユーチューブは13年前にグーグルが買収したから今の規模になったんだ」とか言う人は、誰もいませんよね。大事なのは広まった過程ではなく、サービスを生み出すことです。マス向けのサービス自体が一番偉いんです。

「普通の人ではない」ことを受け入れる

――サービスのアイデアはどのように生まれるのですか。

 僕は、自分自身を普通の人だとは思っていません。普通とは違う感覚を持っていると受け入れた上で、マスの人たちにできるだけ近いところで物事を見るために、意識的に「普通の生活者」として過ごすようにしています。興味がなくても、はやっている曲を聴いたり、近所のスーパーマーケットに行ったり。逆に、そうしないとマス向けのサービスはつくれないと思っています。

――著書『実験思考』にある「誰もやったことがないことを試してみたい」という考え方は、いつから持っているんですか。 

著書『実験思考』(幻冬舎)。発売からわずか1ヵ月半で1億円の課金を達成した

 昔からあった気がしますが、だんだん強まってきました。これまでいろいろな実験をしてきましたが、自分が考えて立てた仮説通りになったことがほぼないからです。それなら、まず試してみて世の中がどうなるか見た方が、手っ取り早いことに気付きました。リスクを恐れてやらない人の方が多いけれど、実はすぐにやってみてしまうことで生まれるメリットの方が大きいと、起業して10年間、失敗を重ねて学びました。

――常に何か実験しているんですか。

 常にたくさんの実験をしています。思いついたことをすぐに形にしてみて、実際にサービス化できるか考えます。その結果、今回のモノ払いのようにサービス化することもありますが、世の中に出さないものもたくさんあります。まずつくってみる“スピード感”が大事なんです。