SmartHR代表取締役の宮田昇始氏
SmartHR代表取締役の宮田昇始氏 Photo by Yuhei Iwamoto

評価額10億ドル(約1080億円)超の非上場スタートアップを指す言葉である「ユニコーン企業」。そんなユニコーン企業になることも成長の通過点だと語るのが、労務管理クラウドサービス「SmartHR」を提供する、SmartHR代表取締役の宮田昇始氏だ。同社として総額61.5億円の資金調達を発表したばかりの宮田氏に話を聞いた。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平)

「登る山は毎年大きくなっていっています。かつては、自分の会社について『1億円で売れたらラッキーだ』とか、『(時価総額)200億円くらいで上場できればいいよね』と思ったこともありました。ですが、少し前からは『ユニコーン(時価総額10億ドル超)で上場だ』と志すようになりました。そして今では、『ユニコーンも通過点だ』と考えています」

 こう気を吐くのは、労務管理クラウドサービスの「SmartHR」を提供するSmartHR代表取締役の宮田昇始氏だ。SmartHRは7月22日、総額約61.5億円(第三者割当増資が約55億円、新株予約権付社債が約6.5億円)の資金調達を実施したことを発表した。

 今回の資金調達では、経営支援事業を手がけるシニフィアンのベンチャーキャピタル(VC)ファンドであるTHE FUND、シンガポールに拠点を置くBEENEXT Capital ManagementのSaaS特化VCファンド・ALL STAR SAAS FUND、米国VCのLight Street Capitalに加えて、国内外1社ずつのVCが新規株主として参画した。THE FUNDおよびALL STAR SAAS FUNDにとっては、本件が投資1号案件となる。

 これに加えて、既存株主のSmartHR SPV(Coral Capital(旧:500 Startups Japan)が運用するSmartHR専用のファンド)、WiL、BEENEXTも追加出資をしている。SmartHRはこれまでに約20億円の資金を調達しており、累計での調達額は約82億円になる。