法人向け名刺管理サービス「Sansan」と個人向け名刺管理サービス「Eight」を展開するSansanが6月、東京証券所マザーズ市場に上場した。2007年の創業以来、日本のSaaSビジネスのあるべき姿を模索してきた同社。起業からこれまで、そして今後の展開までをどう考えているのか。代表取締役社長の寺田親弘氏に聞いた。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平、編集・ライター 野口直希)

Sansan代表取締役社長の寺田親弘氏Sansan代表取締役社長の寺田親弘氏 Photo by Yuhei Iwamoto

上場しても「まだまだ“しょぼい”」

――創業から12年。振り返ってみて、いかがでしょうか。

 正直、上場といっても感慨深いという状況ではありません。振り返って思うのは、「まだまだ“しょぼい”」ということです。(創業から間もない)アーリーフェーズでは「世界を変える」と言ってきましたが、現実的な立ち位置を考えればまだまだこれからです。

 おかげさまで国内では最大規模のSaaS企業に成長しましたが、米国の顧客管理SaaSサービス「Salesforce(セールスフォース)」には到底かないませんし、アメリカやインド、シンガポールを対象にした海外事業でも「こう伸びている」といえるほどの大きな成果を上げていません。

 「新たな出会いの形を提供する」という当社の目標に対する達成度は、「量」でいえばせいぜい1、2割程度。「質」についてはゼロイチでいえばまだゼロに近い状況です。引き続き、顧客にサービスを与えて対価をもらうというビジネスの本質に基づいて、着実に事業を進めるつもりです。

――起業の経緯を教えてください。

 父親も起業家で、小学生の頃には起業を志していました。新卒で就職先に選んだのは三井物産。とりあえず商社で数年経験を積めば、起業の役に立ちそうだと考えたからです。私が新卒で就職したのは1999年。起業するにも、今のようにパスがありませんでした。リクルートですら今のように起業志望者が集まる“ピカピカな企業”ではありませんでした。

 名刺を事業対象に選んだのは、私自身が名刺管理に困っていたから。同時に、名刺管理は非常に大きな課題だと捉えていました。フェルミ推定的に考えれば、世界では年間100億枚の名刺が交換されています。毎日やり取りされている膨大な数の名刺をデータ化できれば、世界中に大きなインパクトを与えることができるはずです。