マーケティングにおいて「欲しい数字」を出そうとするほど、コストがかさむ問題がある。そこへ挑むのが、月額5万円から必要なビジネスデータを活用できるデータマーケティングツール「b→dash」だ。その運営元であるフロムスクラッチが8月6日、総額100億円の資金調達を発表した。今後の展開についてフロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏に聞いた。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平、ライター 福岡夏樹)

海外PEを含む、100億円の大型資金調達

フロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏 Photo by Yuhei Iwamotoフロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏 Photo by Yuhei Iwamoto

 フロムスクラッチは2010年4月の設立。今回の資金調達は同社にとって4回目。シリーズAラウンドでは3億円、シリーズBラウンドは10億円、そして2017年に実施したシリーズCラウンドの資金調達は32億円と、着実に調達額を積み上げてきた。

 今回の資金調達ではニューヨークを拠点に投資を行うPEファンドのKKR(Kohlberg Kravis Roberts & Co. L.P.)を始め、ゴールドマン・サックス傘下のジー・エス・グロース・インベストメント合同会社、ジャパン・コインベスト2号投資事業有限責任組合、大和企業投資、SFV・GB投資事業有限責任組合、JPインベストメント1号投資事業有限責任組合が新規の引き受け先となったほか、既存引き受け先の、DNX Ventures、楽天、リンクアンドモチベーションも追加出資を行った。

 フロムスクラッチ代表取締役の安部泰洋氏によると、同社が資金調達に向けて動き出したのは2018年12月。KKRにはSalesforceが買収したMA(マーケティングオートメーション)ツール「ExactTarget (現在のSalesforce Marketing Cloud)」の創業者であるPeter McCormick氏が参画しているが、そのMcCormick氏らのチームがフロムスクラッチのデューデリジェンスを実施。今回の調達のうち40億円をKKRが出資するに至った。