BitStarの渡邉拓社長 Photo by Karin Hanawa

インフルエンサーマーケティングを行うBitStarが、YonTube番組の制作スタジオ「BitStar Studio」を立ち上げた。企業のYouTube番組の制作を、企画から分析までサポートする。スタジオ発の番組第一弾として8月9日、バンダイナムコエンターテインメントが、新作ゲーム「ニンジャボックス」の番組の配信を開始した。大手ゲーム会社がYouTube戦略に乗り出す背景にある、市場の変化とは。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨)

子どもの間で「ユーチューバー」人気が加速

「学校では、いつもユーチューバーの話が出る。知らないと乗り遅れるから大変」

 都内の小学校に通う5年生のゆうた君(仮名)は、親のスマートフォンで毎日、人気のユーチューバーの配信を視聴する。友達との会話についていくために、毎日のチェックが欠かせないという。

 日本FP協会の調査では、小学生男子の「将来なりたい職業」で、ユーチューバーが2年連続6位にランクインした。さらに、2019年3月に内閣府が発表した『青少年のインターネット利用環境実態調査』によれば、10歳から17歳の青少年がインターネットを利用する用途のうち「動画視聴」は78.6%を占め、第1位だった。

 ユーチューバー大流行という追い風の中、インフルエンサーマーケティングで成長した企業がBitStarだ。BitStarが今回設立したコンテンツスタジオ「BitStar Studio」は、番組制作はもちろん、コンセプト立案やマーケティング、分析に至るまでを、専門のクリエイティブ集団が一気通貫で行う。その最初の利用企業として、ゲーム大手のバンダイムコエンターテインメント(以下、バンダイナムコ)が名乗りを上げた。