ニューヨーク証券取引所8月14日、米連邦準備理事会(FRB)は先月、約10年半ぶりに利下げを実施した際に、追加利下げは必要ないのではないかとの考えを示唆した。写真はニューヨーク証券取引所で13日撮影(2019年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は先月、約10年半ぶりに利下げを実施した際に、追加利下げは必要ないのではないかとの考えを示唆した。債券市場はこうした見方に激しく異を唱えている。

 14日には米国債利回りの低下が進んで、イールドカーブの重要部分で12年ぶりに長短利回りが一時逆転(逆イールド化)し、債券投資家が米国と世界の経済の先行きについて、FRBよりもずっと悲観的にとらえている様子が示された。

 シーポート・グローバル・ホールディングスのマネジングディレクター、トム・ディガロマ氏は「金利市場は滅多にうそをつかない。そして世界的な『終末の日』の到来を予想しているようだ」と述べた。

 不安が高まっているのは、FRBの利下げが後手に回っているかもしれないという点だけではない。主要中央銀行がそれぞれ緩和に動いて経済成長のてこ入れを試みる中で、もはや景気刺激の手段が尽きてきたのではないかという問題も出ている。

 米長期債利回りは、経済データの悪化や物価圧力の弱さ、米中貿易摩擦の激化、香港の「逃亡犯条例」改正を巡る混乱などを受けた安全資産需要の高まりを背景に、低下を続けてきた。