イタダキ代表取締役の松本⿓祐氏 Photo by Yuhei Iwamoto
イタダキ代表取締役の松本⿓祐氏 Photo by Yuhei Iwamoto

決済サービス「メルペイ」を筆頭に、メルカリの新事業を企画してきたメルペイ元取締役CPO(最高プロダクト責任者)の松本龍祐氏。7月に取締役を退任した彼は、新会社のイタダキにて、“完全キャッシュレス”をうたう低糖質ピザ専門店を立ち上げた。ネットで事業を立ち上げてきた松本氏が、飲食店ビジネスに取り組んだ理由とは。(ダイヤモンド編集部副編集長 岩本有平)

表参道の低糖質ピザ専門店、オーナーはメルペイ元取締役と有名シェフ

 8月8日、東京・表参道駅から10分ほど歩いた路地に、低糖質をうたうピザ専門店「SONOBON」がオープンした。同店で販売するのは、イタリア直輸⼊のビール⼩⻨を生地に使⽤した切り売りのピザ。一般的な冷凍ピザの糖質量が1食あたりおおよそ30~50グラム程度なのに対して、SONOBONのピザは生地1⾷あたりの糖質量が約9グラムと非常に低いのが特徴だ。価格は1食あたり600~900円程度。定番メニューのマルゲリータと他の商品を組み合わせたセット(2食で1300円~)も販売する。

 店舗は“完全キャッシュレス”をうたっており、現金は一切取り扱わない。現在はクレジットカードでの支払いにのみ対応するが、今後はさまざまな決済サービスを導入する予定だ。営業時間は11時から20時まで。今後はフードデリバリーサービスの「Uber Eats」にも対応する。

 

 このピザ専門店を運営するのは、2月に設立したばかりの株式会社イタダキ。決済サービスを提供するメルカリ子会社・メルペイの元取締役CPOの松本⿓祐氏と、人気イタリアン「リストランテ・ラ・ブリアンツァ」などを手がけるオーナーシェフ・奥野義幸氏が立ち上げた新会社だ。