すむたす代表取締役の⾓⾼広氏
すむたす代表取締役の⾓⾼広氏

中古マンションのオンライン買取サービス「すむたす買取」を運営するすむたすは8月22日、リノベーションマンション特化型の販売サービス「すむたす直販」の提供を開始した。このサービスでは従来のプラットフォームサービスの収益源である物件販売会社に対するサイト掲載料や、買い手に対する仲介手数料は一切かからない。すむたすは創業1年半弱のスタートアップ。同社が手数料無料のサービスを始めた狙いとは。(編集・ライター 野口直希)

不動産のAI価格査定で起業

 すむたすは2018年1月の設立。代表取締役の角高広(すみ・たかひろ)氏は、不動産流通メディア「イエウール」を運営するSpeeeや不動産テック企業のイタンジを経てすむたすを創業した。設立から1年半弱のスタートアップで、すでにベンチャーキャピタルのCoral Capital(当時は500 Startups Japan)などから2度の資金調達を実施している。2019年にはForbes「30 Under 30 Asia(アジアを代表する30歳未満の30人)」に選出されるなど、海外からも注目を集めている。

 同社が注目を集めるきっかけになったすむたす買取は、AIを活用した中古マンションの買取サービスだ。売りたい物件の住所や間取りを入力すれば、独自の価格査定アルゴリズムをもとに最短1時間で買取価格を提示する。これまで価格査定までに約1~2週間、売却までに3ヵ月~半年程度かかるのが一般的だった中古物件の買取を、最短2日で実現する。急な海外転勤や離婚によって、すぐさま家を売却したいというニーズを解決する。

 テクノロジーを活用して中古不動産業界にアプローチしていた同社が、新たに販売分野のサービスとして立ち上げたのが「すむたす直販」だ。これはリノベーション済みマンションの物件情報を掲載するサイト。ユーザーはサイトを通じて物件の検索や内見申し込みを自由に行える。

仲介・掲載手数料無料の中古マンションプラットフォーム

 一見するとLIFULLの「LIFULL HOME'S」やリクルートグループの「SUUMO」などの仲介プラットフォームと同種のサービスだが、大きな違いは仲介手数料が一切かからない点にある。