Gracia代表取締役CEOの斎藤拓泰氏(左)とグロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーの⾼宮慎⼀氏(右)
Gracia代表取締役CEOの斎藤拓泰氏(左)とグロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーの⾼宮慎⼀氏(右) 提供:Gracia

「起業する前、『人はオンラインでギフトなんか選ばない』と言われました。でもそれは本当なんでしょうか。店舗に行くよりも圧倒的に手間がかからないし、いろんな商品を選べると考えたんです」――こう語るのは、ギフトに特化したECサイト「TANP」を運営するGracia代表取締役CEOの斎藤拓泰氏だ。現在23歳の斎藤氏が率いるGraciaは、創業からまもなく2年。同サイトは、最大で1日1200件以上のギフトを発送するECサイトに成長している。

 TANPはギフトに特化したECサイトだ。一般的なECサイトでも、ラッピングやメッセージなどに対応することは少なくない。だがTANPではシーン別の検索機能をはじめ、最短、即日での配送対応や商品への名前の彫刻などに対応。ラッピングやメッセージカードも豊富に用意している。化粧品の「THE BODY SHOP‎」、ルームウェアの「gelato pique」、食料品の「DEAN&DELUCA」などの有名ブランドをはじめとして、200ブランド・4000点の商品を取り扱う。売り上げについては非公開だが、平均して1日200件程度の商品を発送しており、母の日や父の日といった繁忙期には、1日1200件の発送を行っている。商品単価についても非公開だが、5000円から1万円程度の商品の購入が中心だという。

 同社はこれまで、ベンチャーキャピタルのANRI、マネックスベンチャーズ、ドリームインキュベータ、SMBCベンチャーキャピタルから合計1億4000万円の資金を調達しているが、8月28日にはグロービス・キャピタル・パートナーズ、スパイラルベンチャーズのほか、エンジェル投資家の福島良典氏(Gunosy創業者)、有安伸宏氏(コーチ・ユナイテッド創業者)、大湯俊介氏(ママリ創業者)、遠藤崇史氏(スマービー創業者)を引受先とした総額5億円の第三者割当増資を実施したことを明らかにしている。また、グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎⼀氏が同社の社外取締役に就任した。