アイオワ州で支持者と写真を撮るバイデン氏9月2日、2020年の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名レースは、秋の訪れとともに一段と活発化しつつある。写真アイオワ州で支持者と写真を撮るバイデン氏(左)。8月7日撮影(2019年 ロイター/Scott Morgan)

[ワシントン 2日 ロイター] - 2020年の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名レースは、秋の訪れとともに一段と活発化しつつある。それに伴って引き続き支持率はトップながらもいくつかの弱点を抱えるバイデン前副大統領は、今後さらなる試練に直面しそうだ。

 バイデン氏の陣営にとっては、76歳という同氏の年齢や大統領としての適性に対する疑念、または左傾化が強まる民主党にあって穏健派として党の意見を代弁できるのか、といった声が出ていることが悩みの種になっている。

 候補指名争いは、アイオワ州で民主党の最初の予備選が実施される来年2月まで5ヵ月となるレーバーデーを境に、熱気が高まるのが通例だが、イデオロギーや世代の面でばらばらになっている党を結束させられる真の候補は今回まだ登場していない。

 バイデン氏は副大統領や上院議員を務めたことによる知名度が有利に働いてきたものの、有権者が他の候補に関心を向け始めるとともに苦境に陥る、と複数のストラテジストは分析する。

 こうした有権者の姿勢を背景に、バーニー・サンダース上院議員やエリザベス・ウォーレン上院議員といったバイデン氏を僅差で追う候補が勢いをつかむ機会が広がってきている。