続投する二階俊博幹事長9月11日、自民党役員人事と内閣改造は、安倍晋三首相が側近を重用し憲法改正に向けた強い意気込みをアピールした格好となった。写真は続投する二階俊博幹事長。都内で2014年9月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 11日 ロイター] - 11日に公表された自民党役員人事と内閣改造は、安倍晋三首相が側近を重用し憲法改正に向けた強い意気込みをアピールした格好となった。これを踏まえ、与党内では早期の衆院解散や首相4選も取り沙汰される。もっとも党内で交代論もあった二階俊博幹事長の続投は東京都知事選への対応などで党内にしこりを残す可能性があるほか、憲法改正や早期解散を巡っては、党幹部の間でも温度差があり、今後の政権運営に影を落としそうだ。

汗かいた人が報われる人事

 萩生田光一幹事長代行が文部科学相、衛藤晟一首相補佐官が1億総活躍担当相、西村康稔官房副長官が経済再生担当相として初入閣したほか、党人事でも下村博文憲法改正推進本部長を選挙対策委員長、稲田朋美筆頭副幹事長を幹事長代行に据えるなど、今回の人事は首相と近しい議員の登用が目立つ。二階幹事長は会見で「党役員人事も、内閣改造も、安倍首相の考えがしっかり反映されている」と表現。多くの与党関係者から「首相のために汗をかいた人が報われる人事だ」(幹部周辺)とみられている。

 安倍首相は11日の臨時総務会で、7月の参院選を受けて「国民からいただいた負託にしっかり応えていかなくてはならない」と強調。国民の支持を背景に、政策運営を前に進める意志を強調した。「首相は2021年の(党総裁)任期から逆算すると、最後の内閣改造となる可能性もあり、自分の理想の布陣にした」(与党)とされ、憲法改正に向けアクセルを踏み込む姿勢が鮮明だ。