アリババ集団では、創業者の馬雲会長9月9日、中国電子商取引最大手のアリババ集団では、創業者の馬雲(ジャック・マー)会長が55歳の誕生日となる10日に経営トップの座を退く。写真はパリのテク系サミットに出席した馬会長。5月15日撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau)

[上海 9日 ロイター] - 中国電子商取引最大手のアリババ集団では、創業者の馬雲(ジャック・マー)会長が55歳の誕生日となる10日に経営トップの座を退く。主力の電子商取引は市場拡大が急速に鈍ってきており、馬氏に後を託される張勇(ダニエル・チャン)最高経営責任者(CEO)にとっては、難しいかじ取りを迫られる。

 10日には8万人を収容できる杭州オリンピックスポーツセンターで馬氏の盛大なお別れパーティーが開催される予定で、出席者たちは、張氏の下でアリババがどのように運営されていくか何かヒントが出てくるのではないかと期待している。

 公認会計士で口調が穏やかな張氏は馬氏とは非常に対照的な人物だ。元英語教師の馬氏は、20年前に杭州市の小さな共同住宅でアリババを立ち上げて以来、その派手な振る舞いとカリスマ的な指導力で中国の最も有名な起業家として知られるようになった。

 馬氏は昨年、後任に張氏を指名したことを記した書簡で「彼はスーパーコンピューターのような論理と思考力を有し、革新的なビジネスモデルと未来の産業を取り込む非常な勇敢さもある」と評価した。

 張氏にとって大きな課題の1つは、中国の電子商取引市場が成熟期を迎えた中で、新たな成長分野を見つけること、というのが専門家の見方だ。