二度の起業、個人で800万円の負債を負うことに

 テーマに選んだのはECでした。当時、「ソーシャルコマース」というのがバズワードになっていましたが、私たちもそれに乗ったサービスでした。言ってみればZOZOの「WEAR」とフリマアプリの「メルカリ」を足し算したようなサービス。街角でストリートスナップを撮影して、その人が売っていいと思った商品をオンライン上に公開するというもの。立ち上げてみると、PVは右肩上がりだけど売り上げが上がらない。それはそうです、当たり前ですが商品は全部「一点モノ」です。結局、私は会社を離れることになりました。

 二度目の起業もECでした。そもそも私がやっていたコンサルという仕事は「外部アドバイザー」。自ら事業をつくってお金をもうけた経験がありませんでした。だったら自分の事業でマネタイズをしてみよう、と考えたんです。ですが事業がうまく回らず、半年で800万円くらいの借金を抱えることになってしまいました。

 あらゆるECの本を読んだんですが、トップページでの直帰率が90パーセント以上で、誰も商品を買ってくれない。そんな時、旅行時代にイギリスで出会った友人が、たまたまFacebookに「もしかして友人かも」と表示されたんです。話してみると、彼は業界では名前の知られたグロースハッカーになっていたんです。それで、彼に自分のサイトのことを相談しました。

 そこで教えてもらったのが、スウェーデンの企業が開発した「GhostRec」というツールでした。ユーザーのサイト上での行動を分析できるツールなのですが、これを使うことで大きな気付きがあったんです。毎日コツコツとサイトを改善していったのですが、最終的にはコンバージョンが以前と比較して500%も上がって、黒字化しました。そこから数ヵ月で、個人の負債もゼロになりました。ですが、「このまま事業を伸ばすのか」と考えたときに、ずっとやりたい事業でもないと気付きました。また、いったんは当初の「自分の事業でマネタイズする」という目的を達成したこともあり、精算しようと決めました。