9月18日、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けてあらゆる面で万全の準備を整えていたはずの連邦準備理事会(FRB)にとって、短期金融市場の深部で起きた混乱は思いがけない「伏兵」になった。写真は米ドル紙幣。2018年2月撮影(2019年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[18日 ロイター] - 今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向けてあらゆる面で万全の準備を整えていたはずの連邦準備理事会(FRB)にとって、短期金融市場の深部で起きた混乱は思いがけない「伏兵」になった。

 銀行が利用可能な資金は一時ほとんど枯渇し、一部の翌日物取引では金利が最大10%と政策金利の4倍を超えた。

 このためFRBは過去2日間で1250億ドルを超える資金供給を強いられた。10年余り前の金融危機以降で初めての大規模な市場調節だったが、17日はフェデラルファンド(FF)金利をFRBの誘導目標内に収めることはできなかった。

 短期市場の資金需給ひっ迫をもたらした正確な原因が何かは議論の余地がある。ただ大半の市場参加者は、16日に2つの出来事が重なったことが少なくともその一因になったとの見方で一致している。1つ目は、四半期ごとの納税に備えて企業が市場から資金を引き揚げたこと。もう1つは、先週の入札で780億ドルの米国債を購入した銀行や投資家の決済日に当たったことだ。

 それに加えて、銀行がFRBの口座に置き、短期市場での資金のやり取りに利用される超過準備が2011年以来の低水準になっていたという面もある。超過準備は、FRBのバランスシート縮小とともに減少した。