台風で被災した家の屋根にブルーシートを張る職人たち(提供:ユニオンテック)
台風で被災した家の屋根にブルーシートを敷設する職人たち 写真提供:ユニオンテック

台風15号によって被災した千葉県富津市。その災害ボランティアセンターに登録し、屋根のブルーシート張り作業を請け負うスタートアップがいる。その名前はユニオンテック。内装の施工から始まった創業20年目の企業だが、直近に業態転換し、社外から資金調達を行った“創業20年目のスタートアップ”だ。彼らが全社を挙げてボランティアに取り組む理由とは。(編集・ライター 野口直希)

1000万円を投じてブルーシートの敷設を支援

 ハウスメーカーや設計事務所、工務店など、建設業の施工主と、仕事を指す職人のマッチングサービス「SUSTINA(サスティナ)」を提供するユニオンテック。同社は今、台⾵15号の被災地である千葉県富津市への復興支援を進めている。9月26日には、富津市の災害ボランティアセンターに登録したことを発表しており、すでに台風により屋根が崩壊した家屋へのブルーシート敷設作業を進めている。

 ユニオンテックは、屋根工事の経験を有する社員を現場監督として富津市に派遣しており、これに加えて、SUSTINAを通じて専門技術を持つ職人を現地の工事に手配する。職人の交通費や宿泊費、工事費、資材費など1000万円をユニオンテックが負担する。富津市が受けたブルーシート敷設の依頼は468件(9月25日時点)のうち、100件程度を担当する予定だ。

被災者がブルーシートを張った屋根(左)と、職人による施工後の屋根(右) (提供:ユニオンテック)
被災者がブルーシートを張った屋根(左)と、職人による施工後の屋根(右) (提供:ユニオンテック)

 数回にわたって被災現場の視察をしたユニオンテック代表取締役社長の韓英志氏によれば、現在の千葉県は既に台風の発生からある程度の時間が経っていることもあって交通インフラなどの復旧は進んでいる。一方で。強風の影響で屋根が剥がれたままの家屋はまだまだ多い。特に今回は台風が去った後も悪天候が続いており、家屋の復旧が進んでいない状態だという。

「足場が不安定な屋根上での作業は、専門技術がない方にとっては大変危険です。弊社が培ってきた技術を、役立てることができれば」(韓氏)