橘玲の世界投資見聞録 2019年9月26日

人類はサバンナではなく水辺に移って進化したという「アクア説」が
きわめて高い説得力を持つ理由
【橘玲の世界投資見聞録】

 2019年8月、380万年前の初期人類の「驚くほど完全な」頭蓋骨がエチオピア北東部で見つかったとの論文が英科学誌ネイチャーに発表された。この古代骨はアナメンシス猿人(アウストラロピテクス・アナメンシス/Australopithecus anamensis)のもので、「頭蓋骨は小さいが、成人のものだとみられる。復元された顔は、頬骨と顎が突き出て、鼻が平らで、額は狭い」とされる。発見されたのはルーシー(Lucy)の発掘場所から55キロしか離れていない(AFP)。

 ルーシーはアファレンシス猿人(アウストラロピテクス・アファレンシス/Australopithecus afarensis)の若い女性(推定年齢25~30歳)で、今回見つかったアナメンシス猿人より新しい322万~318万年前に生きていたと考えられる。全身の約40%の骨がまとまって見つかったことで有名になり、ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ」から命名された。

 セラム(ディキカ・ベビー)は同じアファレンシス猿人の幼児(3歳前後)の古代骨で、同じエチオピアで発見されたことから「ルーシーズ・ベイビー (Lucy's baby)」とも呼ばれる。こちらはルーシーより若干古く、335万~331万年前のものとされている。

 ルーシーとセラムの化石は、アディスアベバ国立博物館に展示されている(ただしレプリカ)。近年の古代骨の発見は、人類の起源が東アフリカのなかでもエチオピアを中心とした地域にあるらしいことを示している。

ルーシーの骨格(アディスアベバ国立博物館)  (Photo:@Alt Invest Com)
アディスアベバ国立博物館      (Photo:@Alt Invest Com)

 

なぜ「人類は水辺で誕生した」とならずサバンナばかりが注目されるのか?

 日常語では「人類」と「ヒト」を区別して使うことはないが、遺伝人類学では両者は明確に異なる意味で使われる。

 「ヒト」というのはホモ・サピエンス、すなわち現生人類のことで、「人類(ホモ族)」はそれよりも広義で化石人類(アウストラロピクテス属など)も含まれる。

 類人猿は「尻尾がない猿」のことで、パン属、ゴリラ属、オランウータン属が大型類人猿(great apes)だ。パン属はパン・トログロダイテス(チンパンジー)とパン・パニスカス(ボノボ)に分かれる。「人類の起源」は、パン属との共通祖先と分かれた700万~600万年前とされる。

 初期人類の古代骨としては、アフリカ・チャドで2001年に発見された、「トィーマイ(Toumai)」と名づけられたサヘラントロプス・チャンデンシス(Sahelanthropus tchadensis)がもっとも古い。トゥーマイの推定年代は700万~600万年前で、直立歩行していたならば人類の最初期の祖先の可能性があるが、いまだに諸説あるようだ。発見されたのが頭蓋骨のみで、脊髄が通る穴が下方にあることで直立していたと推定されるだけで、脚や足跡など直立を裏づける証拠は見つかっていない。

 はっきりしているのは、約440万年前のアルディ (Ardi)と呼ばれるラミダス猿人(アルディピテクス/Ardipithecus)を含め、それ以降の初期人類の古代骨の多くがエチオピアで見つかっていることだ。人類はケニアやタンザニアなどのサバンナで誕生したとされる(ナミビアなど南部アフリカとの説もあった)が、エチオピアはサバンナより高地で、その環境はかなり異なる。エチオピアから南西に下れば、チンパンジーやボノボ、ゴリラなどが生息する森林地帯が広がっている。

 地図を見れば明らかだが、初期人類の古代骨が発見された場所は大地溝帯(グレート・リフト・バレー)に沿っている。大陸プレートの分裂によって生まれたアフリカ大陸を南北に縦断する巨大な谷で、アフリカ最高峰のキリマンジャロをはじめとする山々が隆起したが、それより顕著なのはこれらの山から流れ込む水によってヴィクトリア湖、タンガニー湖などの多数の大きな湖ができたことだ。エチオピアにもタナ湖など多くの湖があり、ナイル川の水源としてエジプトから地中海に注いでいる。

 人類の特徴は発汗によって体温を調節することで、大量の淡水がないと生きていくことができない。そう考えれば、初期人類が淡水湖や川の近くで暮らしていたと考えるのは合理的だ。

 だとすれば、なぜサバンナばかりが過剰に注目されるのだろうか。大地溝帯で次々と見つかる初期人類の古代骨からは、「人類は水辺で誕生した」と推測することもじゅうぶんできるはずだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,500円(+税) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額800円+税
いますぐ試す(20日間無料)

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。