理解されなかった「デザインファームの資金調達」

 一番の失敗というか、困難というのは、デザインの受託から自社事業をはじめた時期のことです。

 デザインファームとしての受託事業がスケールしていないというわけではありませんでしたし、そもそも起業したときに、外部から資金を調達するということも知りませんでした。そこからリスクマネーを集めるルールが分かってきたので、それにチャレンジしたわけです。

 振り返って見れば結果はよかったのですが、当時、「デザインファームが資金調達するなんて、突然何を言い出すんだ」という反応がありました。

 当時、社内のメンバーは20人ほど。もちろん文句のあるメンバーもいたと思うのですが、直接考えを話すと理解してもらえました。ですが、社外の人からすれば、「え、なんで?」という反応が返ってきたんです。

 僕らのミッションは「場の発明を通じて。欲しい未来を作る」ということ。場作りというと、大きな、リアルの場所を作る、演出すると考えがちですが、リアルと情報空間を結ぶことも場作りです。あるいは、FacebookもInstagramも言ってみれば場作りです。そういう意味では、cowcamoのように人々の生活を支える場を発明するのは、僕たちのミッションだと言えます。

 この領域はいまだに大きな“不"があって、一方でこれまでの事業で“土地勘”があるところです。2016年に中古と新築のマンションの供給数が逆転して、中古マンションの時代がやってきました。マーケット(市場)、オポチュニティ(機会)、ケイパビリティ(能力)が僕らにとってそろったタイミングでした。ですが、それが外に伝わらなかった。