ジョンソン英首相10月2日、ジョンソン英首相は欧州連合(EU)離脱に向けた最終提案を発表し、これが受け入れられなければ、英国は10月31日に合意なしで離脱すると警告した。写真はイラン外相との会談後、独・仏・EU外相と記者会見に臨むジョンソン氏(当時は英外相)。2018年1月11日、ベルギーのブリュッセルで撮影(2019年 ロイター/Francois Lenoir)

[ロンドン 2日 ロイター] - ジョンソン英首相が、欧州連合(EU)離脱に向けた最終提案を発表し、これが受け入れられなければ、英国は10月31日に合意なしで離脱すると警告した。

 今回の提案のポイントは以下の通り。

 ◎アイルランド国境問題における「安全策」は削除

 ジョンソン氏は「われわれが提起した妥協策は、以前の離脱協定にあった(アイルランドとの厳格な国境管理を避けるための)いわゆる『安全策』を削除した」と述べた。

 同氏によると、英国は自由貿易協定をベースとしたEUとの将来の関係、つまり規制措置や貿易の問題を独自に決めることができるようになることを欲しており、EUと関税同盟で緊密に結び付いて多くの分野でEUの法令に縛られるのを望んではいない。

「このような環境で提案された『安全策』ではどこにもたどり着けず、新たな道を見つけなければならない」という。

 ◎1998年のベルファスト合意に関するコメント

 アイルランドと英自治領北アイルランドの国境管理問題は、英国とEUが秩序あるブレグジット(英のEU離脱)を目指す合意をまとめる上で行き詰まりの原因になっている。