[ワシントン 16日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は16日、フェイスブック<FB.O>の暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、導入前に「一連の核となる法的および規制上の課題」を解消する必要があるとの見解を示した。

ブレイナード理事は、リブラを含む「ステーブルコイン(法定通貨を裏付けとしたデジタル通貨)」の幅広い波及は、中銀の金融政策を「複雑化する」可能性があると述べた。金融安定リスクを脅かす恐れもあるとした。

その上で「フェイスブックのリブラが議会や当局から厳格な監督にさらされることは驚きではない」とし、「リブラをはじめ、世界的な利用が想定されるいかなるステーブルコイン計画を巡っては、導入前に一連の核となる法的および規制上の課題への対処が必要」と強調した。

消費者もステーブルコインが法定通貨と大きく異なる公算が大きいことに注意を払うべきとした。

FRBによる独自のデジタル通貨発行については「深遠な法的かつ政策・運営上の疑問」が存在するとし、発行を急いでいないとした。