レンティオの三輪謙二朗社長 Photo by Karin Hanawa
レンティオの三輪謙二朗社長 Photo by Karin Hanawa

カメラや家電製品などの機器レンタルサイト「Rentio(レンティオ)」が好調だ。2015年4月の創業以来、売り上げを右肩上がりに伸ばし続けている。サブスクリプション(月額課金モデル)が流行する中、あえて“レンタル”というビジネスモデルで、ヒットした理由とは。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨)

“サブスクリプション”――「Netflix(ネットフリックス)」や「Spotify(スポティファイ)」などの音楽や動画を聴き放題・見放題の定額制サービスや、マイクロソフトやアドビシステムズなどのソフトウェアの月額固定料金制度などが代表的だ。成功例も多く、サブスクリプションモデルがビジネスのトレンドとなっている。

 さらに、こうしたインターネットやクラウド上で提供する“サービス”だけでなく、“モノ”の提供においても、サブスクを基盤とする事業者は、うなぎのぼりに増えている。スタートアップはもちろんのこと、パナソニックの家電定額サービスや、トヨタ自動車が始めた愛車サブスクリプション「KINTO」など、大企業の参入も相次いでいる。

 しかし、このトレンドと反して、“レンタル”で売り上げを伸ばしているベンチャーがある。カメラや家電製品などの機器を貸し出すサイト「Rentio」を運営するレンティオだ。2年連続で75%の売り上げ増を達成し、年間10万件を超える利用数を誇る。

「“サービス”ではなく“モノ”を提供する場合、サブスクリプションよりレンタルの方が向いている」とレンティオ代表の三輪謙二朗氏は語気を強める。