[北京 18日 ロイター] - 中国の国家市場監督管理総局は18日、肖亜慶局長が米アップル<AAPL.O>のティム・クック最高経営責任者(CEO)と17日に北京で面会したと明らかにした。

ウェブサイトに掲載された声明によると、両氏はアップルの中国向け投資の拡大や消費者の権利保護、企業の社会的責任について協議したという。これ以上の詳細は明らかになっていない。