デイブレイク代表取締役CEOの木下昌之氏 Photo by Karin Hanawa

食べられるはずの食品が廃棄処分される「フードロス」問題が年々深刻化している。日本国内だけでも年間643万トン以上、リンゴ40億個分に相当する食品が捨てられているのだ。長期保存が難しい果物は特に廃棄が多く、デパートや百貨店に並ぶ果物はその日のうちに捨てられることも。この“もったいない”惨状を、冷凍技術によって解決しようとしている企業が、デイブレイクだ。創業70年の老舗冷熱屋3代目が挑む、“冷凍イノベーション”とは。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨)

 アフリカ象1000頭分――これは、日本国内で1年間に廃棄された食品の量だ。食べ残しや売れ残り、また消費期限などが理由で、食べられるのに捨てられてしまう「フードロス」。その量は年々増加しており、環境への悪影響にもつながっている。

 このフードロス問題を思わぬ側面から解決しようとする企業が、デイブレイクだ。デイブレイクは、“特殊冷凍”と呼ばれる技術により、食品の美味しさを保ったまま消費期限を延ばすことで、食品流通の常識を変えようとしている。デイブレイクの創業者である、代表取締役CEO・木下昌之氏は70年続く老舗冷凍業者の3代目で、“冷凍”に対しての情熱も人一倍だ。