「トランプ支持のラティーノ」のプラカードを掲げる男性10月30日、来年の米大統領選で再選を目指すトランプ大統領陣営はこの半年間、不法移民取り締まり強化への支持を呼び掛ける英語広告を、フェイスブックに3000件以上投稿した。写真は2016年7月、オハイオ州クリーブランドで開かれた共和党大会で、「トランプ支持のラティーノ」のプラカードを掲げる男性(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン/サンフランシスコ 30日 ロイター] - 来年の米大統領選で再選を目指すトランプ大統領陣営はこの半年間、不法移民取り締まり強化への支持を呼び掛ける英語広告を、フェイスブックに3000件以上投稿した。多くは「不法移民の国外追放」を求めるオンライン請願書への署名を呼び掛けるものだ。

 ところが同期間に陣営が投稿した1200件のスペイン語広告は、選挙公約の柱である不法移民対策にほぼ触れていない。

 代わりに掲載されているのは、民主党はベネズエラ流の社会主義を望んでいるとの警告や、「Latinos for Trump(トランプ支持の中南米系)」の合言葉が描かれた商品の宣伝だ。ロイターが5月以降のトランプ氏のフェイスブック広告6万9000件以上を調査した結果、明らかになった。

「社会主義を認めますか?イエス、それともノー?」とスペイン語の広告は問いかけている。米経済は好調だと訴え、左派として有名な民主党のオカシオコルテス、オマル両議員をたたく内容のものもある。

 英語版とスペイン語版の対照は、トランプ氏が両天秤戦略という大きな賭けに出ていることをうかがわせる。同氏の対移民強硬姿勢を賞賛し、主な支持基盤である白人共和党層をたきつける一方で、マイノリティー有権者の中で最大の票田となるヒスパニック系にも秋波を送ろうとしているのだ。

 テキサス、ニューメキシコ、フロリダ各州ではヒスパニック系有権者を対照に、「Vamos to Victory(勝利へ)」と銘打ったツアーも催行した。