レストラン『UB1 TABLE』店内の様子 Photo by Karin Hanawa

表参道駅から徒歩7分。オフィス街の地下にあるユナイテッドが運営するレストラン『UB1 TABLE』。食材や空間にこだわっており、ユナイテッドの社員食堂でありながら近隣住民やほかの会社員など一般客にも利用されている。本格的過ぎる社員食堂の実態とは。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨)

 表参道駅から徒歩7分のオフィスビルの地下にある、今年3月にオープンしたお洒落なカジュアルレストラン。植物と柔らかい光に包まれた店内には、身体がよろこびそうな野菜中心の健康的なメニューが並ぶ。平日のランチ時、近くに住む主婦や会社員など、さまざまな客層でにぎわっている。

UB1のデリプレートランチ 提供:ユナイテッド

 実はこのレストラン、アドテクノロジーやメディア運営をする企業であるユナイテッドの社員食堂『UB1 TABLE』(以下、UB1)だ。

 ユナイテッドの社員の平均年齢は27歳とかなり若い。そのせいか、UB1ができる前は、日々仕事に追われて食事がおろそかになってしまい、コンビニ飯で済ませている社員が多かった。それを知ったユナイテッド代表取締役会長の早川与規氏が、「野菜がたっぷり取れる安価なランチを社員に届けたい」と考えたのが、UB1の始まりだ。