採用支援にも使えるメンタルヘルスソリューション

 メンタルヘルステクノロジーズでは、厚労省の唱える4つのケアをベースにしたメンタルヘルスソリューション「ELPISシリーズ」を展開する。従業員がメールで産業医や専門医に相談できる「ELPIS-ケアーズ Lite」は、産業保健スタッフや外部の専門家への相談窓口として機能。またオンライン研修サービス「ELPIS-eラーニング」では、従業員や経営陣がストレスマネジメントやケアについて学べるカリキュラムと、個々の理解度をチェックするシステムを提供する。

 この10月には新たなサービス「ELPIS-メンタルチェック」の提供も開始した。ELPIS-メンタルチェックはメンタルヘルス特化型のオンライン性格判断サービス。心理学と統計学を組み合わせた性格診断プログラムを提供するディグラム・ラボと同社がアルゴリズムを共同開発し、延べ2600万人のデータをもとにプロの産業医・精神科医が判定結果を監修している。20問の質問で性格を31タイプに分類。採用候補者の入社後活躍パターンや、離職・ストレス耐性などのメンタルリスク、上司との相性などを統計学的に分析できる。

「これまで僕らは人事部門に健康管理・労務の部分でソリューションを提供してきたが、『採用時点でも何か対応できないのか』というニーズは以前からあった。また、採用を支援する診断ツールはいろいろ提供されているが、メンタルにフォーカスしたものはない。僕ら自身が入口でのメンタルチェックの必要性を感じていた」(刀禰氏)

「ELPIS-メンタルチェック」診断結果報告書のサンプル 提供:メンタルヘルステクノロジーズ350
「ELPIS-メンタルチェック」診断結果報告書のサンプル 提供:メンタルヘルステクノロジーズ
拡大画像表示

 メンタルテクノロジーズでも実際にELPIS-メンタルチェックを全社員でテストしてみたところ、診断結果は「本当にその通りだ」(刀禰氏)と納得のいくもので、従来から使っている採用診断サービスと併用するようになったそうだ。

 ストレスチェックでは、医師などから従業員へ直接結果が通知されるので、人事部門が結果を活用することは難しいが、このサービスでは結果を生かすことができる。「パターンごとの相性も出るので、応用範囲は広い」と刀禰氏はいう。

「使い放題の月額制(3万円~)なので、採用候補者だけでなく、アルバイトや委託社員も含めた組織全体で、同額でテストできる。定期的に診断すると、前職でストレスが高かった人などでは結果が変わる人もいる。プロジェクトのチームビルディングなどにもおすすめだ」(刀禰氏)