ロンドンの英議会前
11月25日、ジョンソン英首相率いる与党・保守党は選挙公約で、来年1月末の期限にきっちりと欧州連合(EU)を離脱する方針を掲げた。写真はロンドンの英議会前で5日撮影(2019年 ロイター/Kevin Coombs)

[ブリュッセル 25日 ロイター] - ジョンソン英首相率いる与党・保守党は24日発表した選挙公約で、来年1月末の期限にきっちりと欧州連合(EU)を離脱する方針を掲げた。ただしこれは「言うはやすく行うは難し」だ。

 ジョンソン氏が来月12日の総選挙に勝利し、来年1月31日にブレグジット(英のEU離脱)を実行しても、英国と他のEU加盟27カ国は将来の関係を定めるために11カ月の移行期間を設けて交渉に入る。

 そして来年末までに新たな貿易協定がまとまらず(専門家はその公算が大きいとみている)、さらなる交渉に向けた移行期間の延長にも合意できない場合、英国は再び事実上の合意なき離脱という混乱の事態に直面してしまう。

 なぜそうなる恐れがあるかを以下に説明する。

来年1月末にブレグジット実現

 世論調査の予測通りジョンソン氏の保守党が総選挙で過半数を獲得すれば、同氏は先月にEUと合意した離脱協定案の速やかな議会通過を目指す。

 シンクタンクのチェンジング・ヨーロッパのジル・ラター氏は、年内に離脱協定案の可決にこぎ着けるのは不可能に見えるが、来年1月末の期限までの確実なブレグジット達成に向けた迅速な法制化手続きが行われる可能性はあるとの見方を示した。