[2日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は2日のCNBCとのインタビューで、10月にトランプ米大統領と非公式で会談した際、大統領から政治広告の掲載を禁止をしないよう働きかけはなかったと述べた。

ザッカーバーグ氏は、主にフェイスブックの仕事に関する報道されているいくつかの話題を中心にトランプ氏と議論したが、個人的な夕食会だったとして詳細は述べなかった。

政治広告を巡っては、ツイッターが全世界で禁止する方針を示している。一方、フェイスブックは、政治広告が虚偽の内容を含んでいる可能性があったとしても、政治的発言を抑えることはしたくないとして、引き続き掲載する方針を示している。

トランプ氏は政治広告を支持する考えを明確にしている。ただ、フェイスブックが広告掲載で民主党寄りになっているとして、同社をたびたび批判している。