Kyash代表取締役CEOの鷹取真一氏 Photo by Masumi Osaki
Kyash代表取締役CEOの鷹取真一氏 Photo by Masumi Osaki

モバイルデバイスとテクノロジーの台頭で金融に大きな変化が訪れている。中でも欧米で注目を集めるのが、銀行業や関連するライセンスを自ら取得し、従来銀行が提供していた機能をアプリ上で提供する「チャレンジャーバンク」と呼ばれる新興企業たちだ。日本でもこの領域に挑戦するスタートアップがいる。三井住友銀行出身の鷹取真一氏率いるKyash(キャッシュ)だ。同氏にKyashの今後と、チャレンジャーバンクの可能性について聞いた。(ライター 大崎真澄)

3メガバンクも出資、三井住友銀行出身者の金融スタートアップ

 給与の受け取り、預金、各種料金の振込、現金の引き出し――。海外を中心に日々の生活に欠かせない「Banking(銀行が行う機能や業務)」のアップデートが加速している。

「チャレンジャーバンク」と呼ばれるFinTechスタートアップ群の特徴は、既存の銀行のように実店舗を軸にするのではなく、モバイル上でデジタルファーストな口座を提供していること。その多くが銀行業ないし各業務に関連するライセンスを取得した上で、自社で新しいバンキング体験を開発している(中にはライセンスを取得せず、既存の銀行と提携して同じような顧客体験を実現している企業もあり、それらは「ネオバンク」として区別されることもある)。

 スマホでの利用に最適化した設計に加え、給与の2日前入金といった独自機能や安価な手数料などを武器として、ミレニアル世代を中心に利用が進む。

 法規制や業界の構造が大きく影響するため国によってもアプローチの仕方は異なるものの、日本国内においてもこのチャレンジャーバンクを志すスタートアップが生まれている。三井住友銀行出身の鷹取真一氏が2015年に創業したKyashがまさにそうだ。

 個人向けのウォレットアプリ「Kyash」や企業向けの決済プラットフォーム「Kyash Direct」を展開する同社は、今年7月にサンフランシスコに本社を置くGoodwater Capitalなどから約15億円の資金調達を実施。累計の調達額は28億円ほどで、株主には3メガバンク傘下のベンチャーキャピタルも名を連ねる。