「五大要求」を掲げて行進するデモ参加者
12月8日、政府への抗議活動が6カ月に及ぶ香港で大規模なデモが再び実施された。写真は「五大要求」を掲げて行進するデモ参加者。12月8日撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[香港 8日 ロイター] - 政府への抗議活動が6カ月に及ぶ香港で8日、大規模なデモが再び実施された。主催した民主派団体「民間人権陣線(民陣)」の発表によると、参加者は80万人。 11月の区議会議員選挙で民主派が大勝して以降、最大規模となった。

 彼らはどのような思いでデモに参加したのか。動機は様々だが、複数の参加者から「普通選挙の実施」を求める声が聞かれた。

 発言者に影響が出るのを避けるため、以下ではファーストネームだけを表記している。

 ◎ローレンスさん(23) 大学生

「抗議活動は半年続いています。もうすぐクリスマスだけど祝う気持ちにはなれないので、香港市民の望みはもうモノを持つことではなく、普通選挙なのだと示すためにこのプラカードを持ってきました。僕らは皆、普通選挙という共通の目的のために闘ってきました」

 ローレンスさんは「2020年の抱負は普通選挙」と書かれたプラカードを持って語った。

 ◎タンさん(15) 高校生

「僕は最初、表に出られるほど強くないと思っていたけど、どんなに小さくても全員が来るべきだと思い始めました。警察がデモ隊にひどい仕打ちをしていることや、性的虐待、理由もなしに催涙ガスを発射することに怒っています」