日本の長期金利はゼロ%の「壁」を突破できないでいる
12月13日、世界的なリスクオン進行にもかかわらず、日本の長期金利はゼロ%の「壁」を突破できないでいる。写真は2013年2月撮影(2019年 ロイター/Shohei Miyano)

[東京 13日 ロイター] - 世界的なリスクオン進行にもかかわらず、日本の長期金利はゼロ%の「壁」を突破できないでいる。債券市場が景気などに対し株式市場ほど楽観的ではないのはいつものことだが、米債対比で円債に割安感があるほか、マイナスではない債券に対する国内勢からの強い需要も、底堅さの要因になっている。

米債比での割安感

 米中合意期待と英議会選挙の与党過半数獲得を背景に、日経平均は2018年10月4日以来となる2万4000円を突破するなどリスクオンが進んだ。しかし、10年最長期国債利回り(長期金利)はいったんゼロ%まで浮上したものの、すぐに上昇幅を縮小、3度目のトライも3月6日以来となるプラス圏に浮上することはなかった。

 長期金利の上昇を抑えている1つの要因は、米債比での割安感だ。米国の10年国債利回りは年初2.6%程度だったが、足元は1.9%程度。夏に付けた1.5%割れ水準から戻ってきたが、まだ低い。一方、日本の10年債金利は年初のゼロ%水準を回復してきている。

 円債と米債の連動性が崩れたわけではない。方向性は同じだ。しかし、値幅の出方に違いが出ており、足元はかなりアンダーパフォームしている。米国では、一巡したとはいえ、今年は3回の米利下げがあった一方、日本では一時強まった日銀のマイナス金利深掘り観測がほぼ消滅したことが影響している可能性があるとみられている。