Nordgreen共同創業者でCEOのバジリ・ブラント氏(左)とパスカー・シバム氏(右)
Nordgreen共同創業者でCEOのバジリ・ブラント氏(左)とパスカー・シバム氏(右)

2017年にデンマークで誕生した時計ブランド「Nordgreen(ノードグリーン)」が、日本市場での売り上げを急拡大している。同社の特徴は、北欧らしいユニセックスなデザインとサステナビリティ(社会や環境の持続可能性)を追求する方針。次世代に受け継がれる、北欧ブランドのパイオニアへ――壮大なビジョンを掲げてブランドを立ち上げたのは、共にミレニアル世代のバジリ・ブラント氏とパスカー・シバム氏。ヒットの要因を求めて、コペンハーゲンのオフィスを訪ねた。(フリーライター 小林香織)

 北欧のアイデンティティが色濃く反映された時計ブランド「Nordgreen(ノードグリーン)」。チーフデザイナーは、世界的家具ブランド「Cappellini(カッペリーニ)」や「MOROSO(モローゾ)」などをクライアントに持つ、デンマーク出身のヤコブ・ワグナー氏が務める。

 シンプルで洗練された北欧デザインの時計は、2万円~と手に取りやすい価格帯に設定。世界100カ国以上でオンライン販売しており、2019年の売り上げ見込みは450万ドル(約4.9億円)に上る。意外なのは、そのうち約40%を日本市場が占めていることだ。