オススメのビジネス書
Photo:PIXTA

成長のため、あるいは癒しとして、年末年始には読書や作品鑑賞を予定している人も多いだろう。そんな時間を共に過ごす作品がまだ決まっていない人のために、2019年に上場を果たしたテック企業の代表たちに、今年触れたオススメのビジネス書・作品を聞いた。(編集・ライター 野口直希)

 本企画では、2019年に上場を果たし、スタートアップからパブリックカンパニーとなった6社の代表たちに、今年読んだビジネス書・今年鑑賞した作品の中から特に良かったものを推薦してもらった。質問内容は以下のとおり。「今年発売の作品」に限定している訳ではないため、必ずしも新作ばかりでないことには留意いただきたい。

 質問内容は、(1)今年読んだビジネス書の中で最も良かった本を1冊教えてください、(2)特にその本を読むべきなのは、どのような人でしょうか、(3)その本の魅力を教えてください、(4)今年鑑賞したあらゆる作品で、最も良かった1作を教えてください、(5)その作品の魅力を教えてください、(6)2019年はどのような1年でしたか。上場という節目を迎えた1年と、来年以降の抱負を記述してください――の6つ。

 たったこれだけの質問でも、それぞれの情報収集に対する姿勢や、琴線に触れる箇所の違いが見えてくるはずだ。なお、回答は上場日順での掲載としている。

ツクルバ 代表取締役CEO 村上浩輝氏

ツクルバ 代表取締役CEOの村上浩輝氏 写真提供:ツクルバ
ツクルバ 代表取締役CEOの村上浩輝氏 画像提供:ツクルバ

■今年のビジネス本

 ウィリアム・ソーンダイク『The Outsiders(邦題:『破天荒な経営者たち ──8人の型破りなCEOが実現した桁外れの成功)』(パンローリング)

■本書を読むべき人

 上場企業のCEOやCFO、上場株の投資家

■本書の魅力

「この50年間で最高のCEOは誰だろうか」という問いに答える形で執筆された1冊。本書によればCEOの仕事は資本配分であり、資本配分は投資なので、すべてのCEOは資本配分者と投資家を兼ねることになる。この観点から、在任中の株価の年間リターン率で(GE元CEOの)ジャック・ウェルチを上回る驚異的な実績を出した8人を「偉大なCEO 」として取り上げ、彼らの痛快とも言える一貫性と執拗なまでの合理性を紹介する。

「偉大なCEO」の定義によって意見は分かれそうだが、事実に基づく考察として非常に面白い。私にとって経営の基本は、ビジョンを示して良い組織をつくり、良いプロダクト・サービスを設計し、事業を通じて社会に貢献することだ。この考えは揺るがないが、本書によって新たな経営の観点を自分ごととして取り入れることができた。

■今年の1作

 冨樫義博『HUNTER×HUNTER』(集英社)

■作品の魅力

 不朽であり未完の名作。ここ数年は著者の体調不良により休載と復活を繰り返している。冨樫先生、いつまでも待っています……。

■2019年の振り返りと来年以降の抱負

 2019年は組織・事業のスケールが一段階変わった変化の1年でした。関係各所の皆様のおかげで、上場もさせていただきました。

 とはいえ、まだまだ我々は小さなベンチャー企業、つまりはチャレンジャーです。これからも意思のある先行投資を続け、引き続き事業の拡大を通じて社会に貢献をしていきたいです。